Windows から無料OSへ!古いマシンなら Lubuntuで快適に!

Windows Vista の延長サポートも終了し、どうしようかと途方に暮れている方へのご提案です。

これを機に無料OSにしてはいかがでしょうか?

前置きはこれぐらいにして、古いWindows PCでも動く、軽量無料OSである『Lubuntu』について紹介したいと思います。

また、この記事は、PCにあまり詳しくない方へ向けてものですので、専門的な用語を極力使わないようにしています。

LubuntuってどんなOS

Ubuntuから派生したOSであり、特に「軽量で、省エネ」です。

最初から通常必要なソフトは入っていますし、Windows Vistaよりは実用的なものがあると思います。

  • Galculator:計算機
  • Leafpad:テキストエディタ
  • Xpad:付箋
  • PCManFM:ファイルマネージャー
  • Mozilla Firefox:ウェブブラウザー
  • Pidgin:インスタントメッセンジャー
  • Sylpheed:メールクライアント
  • Transmission:ファイル共有プログラム
  • Abiword:ワープロ
  • Gnumeric:表計算
  • mtPaint grafic editor:画像編集
  • Alsamixergui:オーディオミキサー
  • Audacious:オーディオプレーヤー
  • GNOMW MPlayer:映像プレーヤー
  • Xfburn:CD 書き込み
  • guvcview:ウェブカメラユーティリティ
  • LXTerminal:ターミナル端末
    ざっとこんな感じです。

また、PDFビューアー、スキャンプログラム、イメージビューワ、アーカイブマネージャー、ディスク管理、スクリーンショット、ファイル圧縮・解凍、パーティション編集、スクリーンセーバーなども初めから入っています。

もちろん、これ以外のゲームや各種フリーソフトも充実しています。

インストールしたままの状態でも、オフィス系からグラフィック、インターネット関連など、PCでの作業に問題はないでしょう。

それでは、以下のスクリーンショットで雰囲気をつかんでください。

一応、見かけはVistaなどから見れば、シンプルですが、軽いのでご勘弁を…

それと、もともとWindowsとは繋げていたPSPとUSBケーブルでつないでみたら、なんの問題もなくデータのやり取りができました。

軽量が最大目的の場合は注意

最初からVistaが入っていたマシンなら問題ないでしょう。

ただし、例えば、Windows XpのマシンをVistaへアップグレードして使っていたようなPCを、Lubuntuにしようとする場合は、注意が必要になります。

現在リリースされているバージョン『16.04』を利用したほうが、良いでしょう。

サポート期限は、2019年4月まであります。

16.04より、新しいバージョンはあるのですが、仕様が変わって少し重くなります。

もちろん、ただ重くなるのではなく、少しデラックスになると思ってください。

ただし、比較的軽量の『Kubuntu』よりは、まだ軽量ではあるとアナウンスしていますが、従来の軽量志向から離れてしまいます。

今後もサポート期限まで、16.10 以降へアップグレードせずに使用する必要があります。

そうは言っても、安全策ですので、PCによっては、何ら問題がないこともあります

ダウンロードとインストールについて

まず、サポート中のバージョンなら、どれでも問題はないと思いますが、念のためいきなりインストールせずに、お試ししてからのほうが、良いでしょう。

いくら無料とは言え、フィーリングが合わないということもあるでしょう。

関連記事を参考にお試ししてみてください。
Windows Vista サポート終了対策で無料OSへ乗り換え

まとめ

LubuntuはUbuntuから派生したOSで、特に「軽量で、省エネ」です。

また、インストールしただけの状態で、通常必要なソフトは入っていますし、Windows Vistaよりは実用的なものがあると思います。

特に、ワードやエクセルにあたるオフィス系も初めからありますので、手間いらずです。

そして、フリーのゲームや各種フリーソフトも充実しています。

ただし、古すぎるPCにインストールするような場合で、軽量が最大目的の場合は注意が必要です。

例えば、Windows Xpのサポート終了に伴って、眠っていたPCを蘇らせインストールするような場合は、10年程度前のPCになると思いますので、そのPCのスペックにもよりますが、このレベルのマシンは、インストトールするバージョンに注意してください。(Vistaが動いていたマシンなら、問題ないでしょう)

その場合は、バージョン『16.04』を利用してください。

今後もサポート期限まで、16.10 以降へアップグレードせずに使用する必要があります。

ダウンロードとインストールについては、念のためいきなりインストールせずに、お試ししてからのほうが、良いでしょう。

関連記事を参考にお試ししてみてください。
Windows Vista サポート終了対策で無料OSへ乗り換え

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする