家の中が丸見え!?Web(PC・スマホ)カメラのリスク!

少し前に話題になりましたが、あなたは大丈夫ですか?

まさか、ノートPCのカメラを自分で使っていないから、平気だなんて思っていませんよね?

それに、初めて聞いたなんて方がいたら、要注意ですよ。

現状のWEBカメラ事情

防犯カメラは街中のいたるところにあり、商業施設や会社や教育、育児の場まで浸透しています。

さらに、一般家庭でもノートPCやタブレット、個人にはスマホにまで、カメラが標準装備されています。

そんな状況の中、セキュリティ対策を施し、きちんと利用していないと、インターネットにつながっていることで、プライベートな情報…

しかも、恥ずかしいものまでを、世界中に発信してしまいかねません。

2014年頃話題になったInsecamというサイト

世界中の無防備なWebカメラの映像を、誰でも見ることができてしまうこのサイトをご存じですか?

google 画像検索してみるとわかりますが、ビックリします。

これら画像は、すべてがInsecamのアドレスではなく、Insecamから撮影したものがほとんどだと思われます。

ちょっとここには掲載できないようなものもありますので、できれば、直接ご覧ください。

しかし、 これは無防備な状態で、WEBカメラを運用しているケースで、ウイルスなどによるものではなく、セキュリティ管理の意識の低さによるものです。

あの人も、とあることで…

FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏が、自身のFacebookに投稿したある画像に、彼のノートPCが写り込んでおり、Webカメラがテープで塞がれていました。

やはり、リスクをわかっている人は、対策を施していました。

自分に限ってそんなことはない…?

あなたのPCやスマホは本当に大丈夫ですか?

ウイルスなどに感染して、Webカメラを乗っ取られ、プライベートな情報を盗撮されてしまうこともあり得ます。

しかも、自分では何も気付かないので、余計に始末に負えません。

カメラ利用できないようにする

スマホやタブレットは仕方ありませんが、PCは使っていないケースも多いので、次の対策が有効です。

WEBカメラのデバイスを無効にする
カメラをテープなどで直接ふさぐ

たとえ、PCを乗っ取られても、カメラがテープなどで塞がっていれば、何も映りません。

PCのWEBカメラを使っていない人は、すぐにでも対処しましょう。

まずはできることから対策を

それぞれのデバイスのパスワードや、他のパスワードの使いまわしをしない

基本中の基本ですが、意外とこれをやる人が、多い気がします。

OSのアップデートは必ず行う

もともとセキュリティのために、アップデートしているのですから…

アンチウイルスソフトのデータ(ウイルス定義ファイル)更新を常に行う

作業を優先するあまり、アンチウイルスソフトのデータ更新をタイムリーに行わないことがあるかもしれませんが、危険ですので、必ず最優先でデータ更新しましょう。

もし、動きの重いアンチウイルスソフトなら、違うものにするかを検討しましょう。

ウイルスチェックは定期的に必ず行う

クイックスキャンでは見つからなくても、 フルスキャンだと見つかることがあります

フリーソフトなども、むやみにインストールしない

ウイルススキャンを行った後、ネットで評判をみてみるのも良いでしょう。

知らない人からのメールは、むやみに開かない

もちろん、添付ファイルなども注意してください。

拡張子をごまかしているケースもあります。

知人からのメールでも注意する

知人のPCが乗っ取られていることもありますので、不明な添付ファイルには注意してください。

まとめ

防犯カメラは街中のいたるところにあり、商業施設や会社や教育、育児の場まで浸透しています。

2014年頃話題になったInsecamというサイトは、世界中の無防備なWebカメラの映像を、誰でも見ることができてしまいます。

しかし、これは無防備な状態で、WEBカメラを運用しているケースで、ウイルスなどによるものではなく、セキュリティ管理の意識の低さによるものです。

ちなみに、FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏はノートPCのWebカメラをテープで塞いでいました。

PCのWEBカメラを使っていないから、大丈夫って思っていませんか?

ウイルスなどに感染して、自分では何も気付かないうちに、WEBカメラを使われて、盗撮されてしまうこともあり得ます。

まずは、カメラ利用できないように、WEBカメラのデバイスを無効にし、テープなどでカメラのレンズ部分を直接塞いでしまいましょう

保存