老眼、簡単チェックと対策、最近はスマホ老眼も…

最近はスーパーの食品のラベルが読みにくくなった
製品マニュアルの字が小さくて見えなくなったなんてことが…

また、スマホの文字が小さく感じて、大きい表示にかえた
夕方になると、文字が読みにくくなる
なんてことありませんか?

そろそろ老眼かという年齢の方は、まあ仕方がないかと思われることでしょう。
しかし、まだ若いのにという方もいるのでは…

スマホやPCでも老眼の進行リスクが

若くても老眼が進行しています。
実は、老眼の症状は子供時代から少しずつ始まっています。
それを自覚するのが、ある程度の年齢になってからということです。
でも最近は、20~30代でも、老眼のような現象を訴える方も出てきています。

そもそも老眼って

老眼(老視)

加齢により眼球の水晶体の弾性が失われ、調節力が弱まり、近くのものに
焦点を合わせることが遅くなったり
焦点を合わせられない
近くのものが見えにくくなることをいいます。

通常40代を過ぎたころから症状を自覚し始めます。

基本的には体の一部ですから、加齢により眼球の機能が低下
近くのものがぼやけて見えたり、薄暗いと見えにくいということもあります。

スマホ老眼

こちらは、加齢により起こる現象ではなく、同じ距離を長時間みつづけることで、眼球の調整機能が鈍って、老眼のような症状が起きる現象で、最近急増しています。

焦点を合わせるのが困難になるのは同じ

老眼 → 老化により、眼球の調整機能の低下
スマホ老眼 → 同じ距離を長時間見続けることで、調整力の低下

老眼かどうか調べるには

  • 眼鏡店でチェック
  • スマホの無料アプリでお手軽にチェック
  • 自分で簡単チェック

これらの方法がありますが、まずは自分で簡単にできますので、まずやってみましょう。

自分で簡単にチェックが可能

  1.  片目を覆う
  2.  人差し指の指紋が見えるように指の腹を向けて近づける
  3.  徐々に指を離していき、指紋がはっきり見えた位置が近点距離

この近点距離が30cmを超えると、そろそろ老眼

老眼対策

こまめに視線を遠近で移すことで、毛様体筋を鍛える

体と同じで、鍛えないと、どんどん進むので、長時間にわたって同じ距離を見続けない。

アプリでお手軽にトレーニング

老眼対策は毎日必要ですから、アプリを使ったトレーニングを行うのは、特にスマホが多い方にはやりやすい方法でしょう。

いわゆる筋トレですから、大事なのは、続けられることです。

関連記事:3Dステレオグラムで視力回復!アプリでトレーニングする方法!

目に必要な栄養分を取る

アントシアニン、ルテイン、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンEなど

基本は体と同じ、トレーニングと休息、栄養バランスが必要です。

まとめ

目の衰えは、子供のころから始まっています。

自覚するのが40代を過ぎたころです。

まずは、テストして状況を確認しましょう。

対策は、体と同じです。

保存

保存