スマホのバッテリーを長持ちさせる充電方法…ながら&100%はNG!

最近スマホのバッテリーの持ちが一段と悪くなった…と、たぶんほとんどの人が思っていることでしょう。

それは、きっとスマホの使い方や充電方法がよくなかったのかもしれません。

今回は、スマホの充電方法について、どうすればバッテリーが長持ちするのかをみてみましょう。

バッテリーの充電方法は?

以前、ニッカド電池やニッケル水素電池をメインで利用していた時期には、メモリー効果というメカニズムが発生していました。

ある程度容量を残したまま、充放電を行うと最初に放電をやめたあたりで電圧が低くなるように、電池が記憶してしまう現象「メモリー効果」が起こっていました。

このメモリー効果を発生させないようにするために、途中で充電しないようにするという行為が、比較的広く知られていました。

スマホのバッテリーは何電池?

スマホに使われているバッテリーの多くは、リチウムイオン電池です。

つまり、先ほどのニッカド電池やニッケル水素電池ではありません。

それなのに、充電でバッテリーを長持ちさせたいと思っている割と多くの人が、違うバッテリーの充電方法を行ってしまっています。

リチウムイオン電池の特性

  • メモリー効果がない
  • 高温に弱い

温度の高いところで利用を続けると容量の劣化が大きくなります。

メモリー効果があると感じている人がいるとすれば、この温度の問題による劣化ということも考えられます。

スマホのバッテリーを長持ちさせる充電方法

過電圧充電、大電流充電、大電流放電を行わない
深放電を行わない
保存は極力充電量を少なくし、低温で保存する

引用:スマートパワーソリューションズ ベイサン

満充電…100%充電および高温での保存が非常に有害ということです。

あなたのスマホがリチウムイオン電池なら、メモリー効果は気にせず、時間があるときに充電しても平気です。

ゲームアプリなどに夢中になっていると、バッテリーが切れそうになり、プレイしながら充電をすることもあるかもしれません。

しかし、スマホを使いながら充電すると長時間パッテリーが高温にさらされることになってしまいます。

つまり、「ながら」充電はやめましょう

さらに長持ちさせる充電方法は?

ながら&100%はNG!…それはわかった。

それ以外でも、先ほどのベイサンによれば

メーカーが発表しているリチウムイオン電池(単セル)の寿命は、300サイクルでおおむね70~80%、500サイクルでおおむね50~70%となっています。

つまり、いつもバッテリーの充電を50%程度にしていれば、より長持ちさせることができるということです。

そして、バッテリーのためにできることは?

高温の場所や高温になりやすい場所にスマホを置かない
バッテリーが十分だからといって、通話やアプリで長時間スマホを利用しない

長時間利用すれば、スマホが熱を持ちますから、バッテリーにとってはよくありません。

もちろん、必要があれば使わないといけませんが、できるだけ涼しい状態にしてあげましょう。

まとめ

スマホの充電方法について、どうすればバッテリーが長持ちするのか?

以前、ニッカド電池やニッケル水素電池をメインで利用していた時期には、途中で充電しないようにするという行為が、比較的広く知られていました。

現在、スマホに使われているバッテリーの多くは、リチウムイオン電池で、ニッカド電池やニッケル水素電池ではありません。

しかし、充電でバッテリーを長持ちさせたいと思っている割と多くの人が、違うバッテリーの充電方法を行ってしまっているようです。

リチウムイオン電池の特性から、バッテリーを長持ちさせる充電方法

過電圧充電、大電流充電、大電流放電、深放電を行わない。
保存は極力充電量を少なくし、低温で保存する。

ということです。

具体的には、あなたのスマホがリチウムイオン電池なら、時間があるときに継ぎ足し充電しても平気です。

スマホを使いながら充電すると長時間パッテリーが高温にさらされることになってしまいますので、「ながら」充電はやめましょう

さらに、いつもバッテリーの充電を50%程度にしていれば、より長持ちさせることができるということです。