無料OS『Peach OSI』インストールで日本語を設定するも…?

前回の記事は、『Peach OSI 16.04』の特徴についてまとめましたが、今回は引き続きインストール作業になりす。

もし、『Peach OSI』の特徴について、ご覧になっていない方は、インストール前に確認していただければと思います。

Peach OSIのデスクトップは、見た目より軽いOS。システム要件は、メモリ:32bit版は512MB(1GB以上を推奨)、64bit版は:4GBですが、実際に64bit版をライブ起動で試してみた結果、2GB程度でも問題が無いと思われます。

『Peach OSI』インストール時に日本語を設定するも、再起動後に日本語化できないという状況になりましたので、日本語化に向けて別途作業が必要です。

Peach OSI 16.04のダウンロード

公式サイトから

https://www.peachosi.com/Doors/DonateDownloadPageFluid.html

スクリーンショットは64bit版ですが、 32bit版は、64bit版のすぐ下になります。

isoイメージをUSBメモリへ書き込む

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

インストールと起動テストについて

インストールテストは、VirtualBox Ver5.2.6にて、2回行っています。

ライブ起動テストは、元Windows 7 professional(64bit)パソコンで行い、問題なく起動しています。

Peach OSIのインストールは簡単だけど…

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えるパターンです。

※デュアルブートの場合は、途中が異なりますので、ご注意願います。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. USBメモリから起動し、「live」をクリックするか、そのままにしているとライブ起動する
  2. デスクトップ左上にあるインストールアイコンからインストール
  3. インストーラーが立ち上がりますので、「日本語」を指定して進める
  4. インストール準備で、「インストール中にアップデートする」と「サードパーティソフトウエアをインストールする」にチェックをいれる
  5. ディスクを削除して、インストールするにチェック
    デュアルブートにするには、「それ以外」をチェックして個別に対応してください。
  6. ディスクの書き込み確認で、問題がなければ「続ける」
  7. タイムゾーンを設定、「Tokyo」になっていればそのまま「続ける」
  8. キーボードレイアウトの設定ですが、変種のキーボードを利用している場合は、右側のリストから選択・変更
  9. あなたのユーザー名やパスワード等を設定し「続ける」とインストールを開始
  10. インストール完了後、「今すぐ再起動する」をクリック
  11. インストールメディア(USBメモリ)を抜く(違う画面にでることもあります)
  12. 再起動時のメニュー画面、そのままにしていればインストールしたOSが起動

再起動後、表示が日本語になっていないと思います(バージョンによって変わることがあるかもしれません)。

インストール時に日本語に設定していますが、インストーラーが日本語表示になっただけで、他は英語のままの場合は、このあと日本語化を行います。

記事が長くなってきましたので、日本語化と日本語入力は別記事にします(次回アップ予定)。

まとめ

『Peach OSI 16.04』のインストールについて

Peach OSI のisoイメージのダウンロード

公式サイトから

USBメモリへの書き込み

UNetbootinで行い、問題なくライブ起動出来ています。

起動テストについて

元Windows 7 professional(64bit)パソコンで行い、問題なく起動を確認済み。

Peach OSIのインストール作業について
  • 最初の言語設定
  • インストール準備で2つチェック
  • ユーザー情報を入力する

上記以外は、ただ「続ける」等をクリックするだけです。

尚、日本語化と日本語入力設定は、別途必要です。