スマホとあなたのどっちが主役…デジタルデトックスで見直す!?

ポケットの中で、スマホの振動があったので、アプリからの通知の確認や、それに伴う処理を行い、そのままメールやSNSのチェック、返信もついでに済ませます。

一段落したので動画をみてゆっくりしていると、オススメの動画が次々と再生されて、気がつくと数十分もたっていた。

一息つく間もなく、先程送ったメールやSNSへの返信など届いており、処理に追われてしまう。

というような毎日を過ごしていませんか?

スマホの指示であなたが動く?

電話連絡や地図の確認、情報の収集など、何らかの必要が生じて、スマホを利用するというのは当然のことでしょう。

しかし、多分多くの人は、スマホからのアクションでスマホを使う機会の方が多いのではないでしょうか?

つまり、自発的ではなく、受動的にスマホからのアクションに反応していることが多いのではないかと思います。

まるで、多くの情報を管理して、上手く利用しているようなつもりで…しかし実のところ、多くのあふれる情報に振り回され、刺激に反応しているだけかもしれません。

ナビゲーションを考えると

車のナビは便利で、初めて行くところでも指示されたとおりに車を運転すると、目的地に到着することができます。

そして、最近では歩くためのナビアプリもありますので、どこに出かけるにも道で困ることは無くなってきています。

そして、それが当たり前になることで、道を覚える必要もなくなります。

本来ならば、地図や標識をよく見て、知っている道や地域を思い出したり、場合によっては 道を知っていそうな人を選んで尋ねたり、いろいろと考えたり、行動する必要があります。

しかし、ナビを使うことで、指示通りに進むだけで目的地に到着できるようになります。

歩かなくなると歩けなくなる

人は、歩かなくなると歩けなくなります。

当然ですが、不要な器官は退化していきますし、能力も落ちていきます。

その反対で、必要な器官は強化されていきますので、オリンピックに出場するような選手は、日々トレーニングを行っており、肉体は高いパフォーマンスになっていきます。

そして、脳も基本的に肉体ですので、筋肉などの器官と同じように使わないとダメになっていきます。

あなたが主役になろう

あなたが主役になるために、スマホの使い方を考えてみましょう。

アプリなどの通知機能

まずは、通知を全てオフにしてしまいましょう。

その上で、絶対に必要と思うものを1つずつオンにしていくことで、不要なものをカットできます(なるべく数日かけて行いましょう)。

ポイントは、減らすのではなく、全部オフにしてから、オンにするということです。

メールやSNSなど相手のある場合

いつもやりとりしている(やり取りを減らすと言いにくい)相手に宣言して、少しずつ距離をおきましょう。

たとえば、学生なら「日曜だけのバイトをするので、連絡がとれない」、社会人なら、「習い事を始めたので、日曜は連絡つかなくなる」など、あえて行動を起こして、限られた曜日の一定時間スマホをオフにできるようにしましょう。

まずは、一旦電源を切ることができる時間端を作ることができれば、少しずつ距離をおけるようになるでしょう。

大切なのは、宣言しておくことで、自分で自分を縛ることです。

本当に必要な機能や通知、メッセージのみをやりとりするなら、すばらしいツールであるスマホですが、闇雲に情報や通知などのアクションに振り回されてしまうと、どっちが主役かわからなくなってしまいます。

あなたが主役になるために、まずは一歩踏み出しましょう。

まとめ

スマホからの通知や、何らかのアクションにひたすら反応していませんか?

多くの情報を管理して、上手く利用しているようなつもり…

多くのあふれる情報に振り回され、刺激に反応しているだけかも…

人間の不要な器官の能力は落ちていく

脳も肉体ですので、筋肉などの器官と同じように使わないとダメになっていきます。

スマホの使い方を考える
  • アプリなどの通知機能
    少しずつオフはダメで、全部オフにしてから、必要に応じてオンにします。
  • メールやSNSなど相手のある場合
    最初に宣言して、少しずつ距離を置くようにしましょう。

スマホではなく、あなたが主役になるために、まずは一歩を踏み出しましょう。

シェアする

フォローする