ちょっとした知識一覧

Firefox 新機能実験サービス Test Pilot『Notes』…メモとブラウザーが同じ画面で!

Frefoxブラウザーの実験サービス『Notes』は、簡易ワープロのようなメモ帳です。xブラウザの画面の一部がメモ欄になり、同じウインドウ内で利用できます。特にノートパソコンなどで作業をしている方には重宝するでしょう。利用方法は、公式サイトで「有効化」ボタンをクリックするだけです。

お掃除ロボット等に覗き見される可能性…IoT製品の脆弱性に注意!

お掃除ロボットのカメラで、覗かれてしまう可能性。現時点では対策も取られて問題ないのですが、このような問題は他のIoT製品についても考えられます。IoT製品の場合は、Wi-Fiによる操作で、WPA2の脆弱性の問題とも背中合わせの状況です。現状は特に、便利と危険は裏表です。

画像拡大を高画質に保つソフト…『A Sharper Scaling』で簡単に!

画像拡大は、画像がぼやけて劣化してしまうから、通常は行ないません。拡大すると直線などが、ギザギザになってしまいます。自然の風景などは、直線が少ないので、あまり極端に出ませんが、ほやけた印象になります。拡大する必要がある時は『A Sharper Scaling』フリーソフトで簡単に綺麗に行いましょう。

USBメモリが全容量使えない…Windowsはフォーマットを完了できない!

WindowsでUSBメモリを利用し、クローンを作るときに遭遇しやすいUSBメモリのトラブル。ケース1:USBメモリで「Windowsはフォーマットを完了できませんでした。」とアラート。ケース2:通常のUSBメモリとして使おうとしたら、USBメモリの総容量が減った。

無料OSの入った「起動用USBメモリ(設定保存可)」のクローン簡単作成!

「dd」コマンドでクローンUSBメモリを作る。コピー元になるUSBメモリとクローンを作るUSBメモリを用意してください。端末に以下のコマンドを入力して、エンターキーを押してください。USBメモリのサイズが異なるようにして、ポートを確認すればわかりやすくなります。

USBメモリに『無料OS』をインストールして作る安心PC環境!

パソコン、OS、データHDDなどを別々にセットしたパソコン環境をつくる。1.ノートパソコン 2.USBメモリOS 3.データ保存用外付けHDD 4.大型ディスプレイ 5.キーボード 6.マウス。これで、パソコン自体はこわれても、全く問題ありません。3番のデータ保存用外付けHDDだけ生きていれば、あとはすべて代替可能です。

WPA2脆弱性問題ですが…無線LAN、Wi-Fiは何という方へ!

Wi-Fiネットワークを暗号化するWPA2に、脆弱性が見つかったことが問題となっています。実質的にはWi-Fiネットワークを利用しているすべてのデバイスで、危険があると考える必要があります。特にゲーム機器やネットワークカメラ、USBメモリに入れているOSなんかも忘れずに。

今度はランサムウエア『Bad Rabbit』…簡単な感染対策は?

ランサムウエアの騒ぎが拡大してきており、今回は『Bad Rabbit』。現在ロシアを中心に感染が広まっており、感染すると0.05ビットコインを要求。現在約280ドル相当です。Kaspersky Labによれば、Adobe Flash Playerの脆弱性を突いた新たなゼロデイ攻撃とのこと。