Ubuntu 19.04 (Disco Dingo) Beta 試してみた!

4月になるので、Ubuntuやその公式フレーバーも新しいバージョンがリリースされますが、今回はUbuntu 19.04(Disco Dingo)のベータ版について試してみました。

Ubuntu 19.04には、最新のGNOMEデスクトップ3.32であり、パフォーマンスも向上しているようようです。

試した内容としては、インストールしてデスクトップの状況や雰囲気と、リリース情報のまとめといった感じになります。

なお、実際に試される方は、Beta版ですのでそのつもりでご利用願います。

デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、「Ubuntu 19.04 (Disco Dingo) Beta」を VirtualBox(Ver.6.0.2)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

メモリ2GBでVirtualBoxの利用、さらに低スペックパソコンで試しているので、録画の負荷が多少あると思います。

メモリを4GB搭載している普通のパソコンならば、特に重い感じもしないで、利用することができました。

Ubuntu 19.04 について

このバージョンのサポート期間は、9ヶ月間で2020年1月までになります。

長期サポートバージョンが良い場合には、Ubuntu 18.04 LTSをご検討ください。

Ubuntu 18.04 LTS のメインアーカイブは、 2023年4月までの5年間、無料のセキュリティとメンテナンスのアップデートを保証する長期サポート版。デフォルトデスクトップ環境は「GNOME」になっています。推奨システム要件は、次のとおり。

推奨システム要件

Beta版なので、前バーション「Ubuntu 18.10」のシステム要件を目安として挙げておきます。

  • CPU:2GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GBのシステムメモリ
  • 25GBのハードディスク空き容量
  • インストールメディア用のDVDドライブまたはUSBポート
  • インターネットアクセス

ダウンロード

公式サイト

https://www.ubuntu.com/

ダウンロードはリリースページより

http://releases.ubuntu.com/19.04/

公式フレーバーもBeta

以下の各種公式フレーバーのBeta版も試すことができます。

  • Kubuntu
  • Lubuntu
  • Ubuntu Budgie
  • UbuntuKylin
  • Ubuntu MATE
  • Ubuntu Studio
  • Xubuntu

Ubuntu 19.04 (Disco Dingo) Beta released」ページよりダウンロードリンクがあります。

インストール

今回は、「ubuntu-19.04-beta-desktop-amd64.iso」からインストールしています。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

※あくまでもBeta版ですので、テスト用に利用できるパソコンや環境でお試しください。

日本語入力

日本語入力については、インストール後の再起動が終われば、入力可能になります。

まとめ

Ubuntu 19.04(Disco Dingo)ベータ版

Ubuntu 19.04 について

サポート期間は、9ヶ月間で2020年1月まで

推奨システム要件

Beta版なので、「Ubuntu 18.10」のシステム要件を目安に

  • CPU:2GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GBのシステムメモリ
  • 25GBのハードディスク空き容量
ダウンロード

ダウンロードはリリースページから

インストールと日本語入力

「ubuntu-19.04-beta-desktop-amd64.iso」のイメージを利用。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了し、再起動後は日本語入力可能になります。

※Beta版ですので、テスト用に利用できるパソコンや環境で試してください。