パソコンをリースで使用するリスク…情報流出の可能性も考慮!

最近のパソコンは随分安価になってきていますが、事業を立ち上げる時など数を揃える必要がある場合、購入するよりも一般的にはリースになってしまうでしょう。

これは事業規模に関係なく中小零細企業の方も、同じようにリースにするケースが多くなりがちです。

そんなパソコンのリース契約満了後に、そのパソコンがどのように処理されるかを、気にすることは普通あまりありません。

スポンサーリンク

神奈川県の行政情報流出の懸念

報道によると、県でリースしていた物件の契約満了後に、リース会社が別の会社へHDDのデータ消去と破棄処分を業務委託していました。

しかし、その委託された会社から複数のHDDが持ち場され、ネットオークションで販売されたという事件がありました。

 

被害者だとしても加害者になることが……

ここでの被害者は、本来「県」になりますが、HDDの中身(納税記録や個人情報が入っている行政に関わる情報)が問題となり、本来の被害者も加害者扱いになってしまいます。

それは、県が返却する際にHDDを初期化していたにもかかわらず、データは暗号化していなかったため、技術的には復元可能だったとされているからです。

 

知らないうちに情報流出しているかも?

今回の情報流出は、県の納税記録や個人情報などの行政にかかわる重要な情報のため、気がつき問題になったのでしょう。

もし、一般的な企業の経営や営業に関する情報の場合は、黙殺されていた可能性の方が高いのではと思います。

中古HDDを購入した人が、データの復元に関する知識が無い人ばかりとは限りません。

今後は中古HDDを購入した場合、データを復元できるかなと思って試す人が増える可能性もあります。

 

以前あったこんなこと

情報流出とは少し離れますが、壊れたと思われていたパソコンのHDDデータについての話です。

職場の女性が夫のパソコンが壊れたので、もし直るなら自分で使うので見て欲しいと言われました。

そこで、回りにいた2〜3人で、いじくり回して直しました。

物理的な故障ではなかったので稼働しましたが、ここで問題発生。パソコンのHDDの中身に多量のアダルトな画像(依頼者の女性が被写体のものではありません)があり、誰でも見られる状態で放置され、勝手に消去するわけにも行かないので、困ってしまいました。

使えるようになると思っていなかったパソコンが復活してしまい、見られたくないデータが……という状況になってしまったわけです。

HDDのデータって色々問題が起きますので、HDDの処分や修理についての取扱には、思っている以上のセキュリティ上の注意も必要です。

 

これからのリースはリスクも考慮する

今後は、全部リースで揃えるのではなく、重要な情報を扱うパソコンについては、購入するなどの対応が必要かと思います。

また、事業の立ち上げ時点で、予算的な制約がある場合は、リースでスタートして最終的に買い取るという方法もあります。

重要な秘匿性の高い情報を扱う場合は、扱っている時だけではなく、ハードウエアの最終処分までのリスクを考慮する必要があるでしょう。

パソコンなどの廃棄については、以下の記事を参考にしてください。

パソコン廃棄…データ消去・パーツ類処分・回収も無料!
パソコン廃棄…資源有効利用促進法により、H15年10月1日より、安易に粗大ごみとして処分できなくなっています。PCリサイクルマークがついていれば、無料処分できますが、そうでない場合は費用がかかるなど、わかりにくくなっています。処分してくれる業者はありますが、条件が微妙に違い、よく確認しないと無料で処分してもらえません。

 

まとめ

リース契約満了後のパソコンのHDD処理のリスク

流出するような事態になった場合、PCをリースしたお客さんである契約者は本来被害者だとしても、データの内容や扱いによっては、加害者のようになってしまうことがあります。

いままでも知らないうちに情報流出しているかも?

中古販売にかかわる業者すべてが、誠意のある業者とは限りません。

また、中古HDDを購入する人の中には、それなりの技術があり情報を復元できることもあります。

リース満了後の流出リスクも考慮する

情報管理は扱っているデータだけではなく、ハードウエアの最終処分までのリスクを考慮する必要があります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました