無料OS『Mageia 6』は軽い…VistaクラスでOK、インストールも簡単!

Mageia(マギア)はLinuxベースのフリーなオペレーティングシステムで、Mandriva Linuxディストリビューションの派生として発足しました。

初代Mageia 1のリリースは、2011年6月1日に行われ、今回ご紹介するのは『Mageia 6』、サポート終了日は2019年01月16日になっています。

Mageiaでは主要なデスクトップ環境を全て使え、KDEがメインで、かつ最も多く使われている環境です。

デスクトップの雰囲気をみてみよう

今回はデスクトップ環境でKDE Plasmaをインストールしています。

上のGIF画像をクリックすると拡大表示できます

Windowsからの乗り換えを考えているなら、Windowsライクで、違和感なく使えると思います。

『Mageia 6』に興味があるなら

システム要件
  • CPU:AMD, Intel, VIA の任意のプロセッサ;
  • メモリ (RAM): 最小 512MB, 推奨 2GB;
  • HDD もしくは SSD:最小インストール 5GB, 通常セットアップ 20GB
  • 光学ドライブ:CD もしくは DVD で、使用する ISO による
  • グラフィック カード:AMD/ATI, Intel, Matrox, Nvidia, SiS, VIA の任意のグラフィック カード:
  • サウンド カード:AC97, HDA, Sound Blaster の任意のサウンド カード

2011年4月時点で利用可能なほとんどの x86 コンピュータ システム上で動作可能

ちなみにWindows Vistaのシステム要件は

Windows Vista Home Basicの場合

  • 800 MHz のプロセッサ
  • 512 MB のシステム メモリ
  • DirectX 9 相当のグラフィック カード
  • 15 GB の空き領域がある 20 GB のハード ディスク
  • 内蔵または外付けの DVD ドライブ

つまり、旧Vista マシンなら問題がなく、乗り換えできるでしょう。

ダウンロード

https://www.mageia.org/ja/downloads/

インストールするパソコンに合わせてダウンロードしてください。

インストール

インストールは数カ所だけ、状況によって設定を変えたほうがいいところがありますので、そこがわかるようにポイントを絞っています。

基本的には流れに乗ってさらっとインストールできます。

まず、言語を『Asia』から『日本語』を選択します。

あとは流れ通りでいいかと思いますが、メディアの選択で追加できるものはしたいので『ネットワーク(HTTP)』を選択しました。

上のGIF画像をクリックすると拡大表示できます

他の補助的なメディアは、なしにしています。

また、メディアの個別選択の確認画面では、『Core ****』のみを選んでいます。

上のGIF画像をクリックすると拡大表示できます

次は、ネットワーク関係の確認画面がでますので、流れ通りの設定にしています。

上のGIF画像をクリックすると拡大表示できます

その後は、デスクトップ環境『Plasma』を、今回は選択しました。

上のGIF画像をクリックすると拡大表示できます

なお、デスクトップ環境は、あなたの好きなものを使えますので、色々試してみてください。

日本語入力

日本語入力で手間のかかるOSも多いのですが、この『Mageia 6』はほとんど不要で、以下の画面のように、『日本語Mozc』のところを一箇所クリック設定するだけですし、他を選んでも結構です。

まとめ

今回は『Mageia 6』デスクトップ環境でKDE Plasmaをインストールしています。

Windowsからの乗り換えを考えているなら、違和感なく使えると思います。

システム要件
  • メモリ (RAM): 最小 512MB, 推奨 2GB;
  • HDD もしくは SSD: 最小インストール 5GB, 通常セットアップ 20GB
  • 2011年4月時点で利用可能なほとんどの x86 コンピュータで動作可能

つまり、旧Vista マシンなら問題がなく、乗り換えできるでしょう。

ダウンロード

https://www.mageia.org/ja/downloads/

インストール

基本的には流れに乗って、さらっとインストールできます。

日本語入力

こちらもすでにインストールされています。

使ってみた感想ですが、意外と軽いしインストールも簡単で、インストール後の設定も気にする必要がほとんどありません。

Windowsの古いマシンがあったら、是非インストールしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする