GIFアニメ作成…用途や元フォーマット別にツールを選ぶ!

ブログやSNSに投稿するには、動画よりGIFアニメにしたほうが良い場合が多いと思います。

GIFアニメならば、表示されれば動きだしますので、見てもらいやすくなり、作成時にループ式にすれば繰り返し表示されます。

また、手軽に動きのある映像を作ることが出来ますので、元になるフォーマット別にいくつかのツールを用意しておくと便利でしょう。

用途や元フォーマットで選ぶGIFアニメ化ツール

GIFアニメを作るツールは色々な種類がありますので、以下にツールの要点とそれぞれのツールについての記事をまとめました。

1枚の画像から作りジョーク的に利用可能

1枚(2枚でも可)の画像から、3Dの動きを付けアニメ化する『Choreographer』。

読み込む画像は、jpg、png、gif、bmpなどのフォーマットをサポートしています。

画像に回転やバウンド、振り子運動などの動きを加えることで簡単にアニメ化します。

たった1枚(2枚でも可)の画像に3Dの動きを付けアニメ化するフリーソフト『Choreographer』。読み込める画像は、jpg、png、gif、bmpなどのフォーマットをサポート。なお、画像に加えられる動きは、9種類あります。

解説やステップ別の表示に利用可能

経過時間の表示やタイトルも入力可能な『LICEcap』。

他のGIFアニメ化ソフトなどとは異なり、何らかの解説用GIFとして利用するのに適していて、最初からのステップ表示をわかりやすく表現できます。

解説型のGIFアニメに適している…と思う。タイトルを入れることができる上、録画経過時間も入るので、ステップや物事の流れを理解してもらうGIFアニメが有効でしょう。GFIアニメの作成の注意点は、カウントダウンが入って3秒後に録画開始になります。

動画ファイルをGIFアニメへ変換

単純に動画から、面白いパートをGIF化するのに適しています。

オンラインでmp4動画ファイルをGIFアニメへ処理を行う『mp4togif.com』。

ずいぶん前にGIFアニメが流行りましたが、最近また見る機会が増えてきたようです。 たぶん、動画が一般的になってきたことで、動画を変換し...

オフライン(PC上)で処理できるWindows用ソフト『AVI to GIF』。

オンラインサービスではないので、安心してPC上で作業できる『AVI to GIF 』。動画をGIFへアニメに、簡単な操作で変換することができるWindows用のフリーソフト。インストールする必要なし、不要になったらゴミ箱へ。AVI、MP4、MOVに対応。

画面キャプチャしてGIFアニメ化

インストール不要で簡単に使えるWindows用ソフト『GifCam』。

このソフトは、デスクトップに表示されているものであればGIFアニメにしてしまうもので、デスクトップ録画と同じ要領で利用でき、使い勝手のよい便利ツールです。

以前の記事では、WindowsのソフトでGIFアニメを作成する適当なソフトをご紹介していませんでした。 関連記事:GI...

GIFアニメを動画ファイルへ変換

これはGIFアニメを動画ファイルへ変換でき、上記でご紹介してきたものとは真逆の作業も可能なツール『Giam』。

Giam(Windows用)は、GIFアニメーション画像を作成するソフトなのですが、AVIとGIFアニメの相互変換が可能なツールになっています。

Windows用フリーソフトGiamは、GIFアニメーション画像を作成するソフトなのですが、実はAVI動画ファイルへの変換が可能です。一度、AVIファイルへ変換できれば、MP4だろうと、WebMだろうと、いろいろなフォーマットへ変換できるソフトは、多数存在しますのでどうにでもなります。

まとめ

GIFアニメ化ツールの用途別に利用を考える

GIFアニメ化ツールと言っても用途や元のフォーマットで色々な種類があり、今回は特にGIFアニメ専用の簡単ツールをまとめてみました。

  • 1枚の画像から作りジョーク的に利用可能
  • 解説やステップ別の表示に利用可能
  • 動画ファイルをGIFアニメへ変換(オンラインとオフライン)
  • 画面キャプチャしてGIFアニメ化
  • GIFアニメを動画ファイルへ変換

もちろん、上記以外にもGIFアニメを作成できるものはありますが、簡単に使えるということから、まずはこのあたりから使ってみてはいかがでしょうか?

シェアする

フォローする