Fedora 31 Beta Workstation…「ベータ版」インストールも簡単!

Fedora は、Red Hat 社が支援するコミュニティーによって開発されている Linux ディストリビューションです。

今回は Fedora 31のベータ版がリリースされたので、試してみました。

実際には、インストールして少し使ってみたというレベルで蘊蓄などは特にありません。

なお、Beta版のためバグや機能の欠落が発生する可能性がありますので、実際に試す場合にはご注意ください。

デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.10)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

デスクトップ環境がデフォルトのGNOMEであることや、録画状態の負荷があり、低スペックPCでのVirtualBox利用のため動きがぎこちなくなっています。

ちなにみ、メモリを2GBにしているのは、OSやデスクトップ環境の違いが、他の記事において比較しやすいと思ってのことです。

他にもあるデスクトップ環境

デフォルトデスクトップはGNOMEですが、以下の「Fedora 31 Beta デスクトップ Spins」として他のデスクトップ環境も用意されています。

  • KDE Plasma:現代的なデスクトップ環境:1.9GB ISO
  • Xfce:軽量、高速、簡単:1.5GB ISO
  • LXDE:軽量、高速、低リソース:1.3GB ISO
  • LXQt:軽量、Qtベース:1.4GB ISO
  • MATE-Compiz:クラシックな Fedora デスクトップ環境:2.0GB ISO
  • Cinnamon:Linux Mint でおなじみの使いやすい先進的な環境:1.8GB ISO

などがあります。

Fedora 31 Beta Workstation について

今回は、「Fedora-Workstation-Live-x86_64-31_Beta-1.1.iso」を利用してインストールしています。

システム要件

Fedoraを正常にインストールして実行するには

  • 最低10GBのディスク
  • 1GBのRAM
  • 1GHzのプロセッサ

が必要と公式サイト上にて表記されていますが、実際には選ぶデスクトップ環境によっても左右されるでしょう。

ダウンロード

公式サイト(日本語)

https://getfedora.org/ja/

ダウンロードページ(日本語)

https://getfedora.org/ja/workstation/download/

Fedora 31 Beta デスクトップ Spins のダウンロード

KDE Plasma,Xfce,LXDE,LXQt,MATE-Compiz,Cinnamonなど

https://spins.fedoraproject.org/prerelease

インストール

インストール工程を特に記載しませんが、クリックで選んで、流れで進めれば簡単に終了しますので、工程をGIFアニメ化しておきます。

再起動後に、自動的に立ち上がる「ようこそ」画面で、残りの設定やユーザー情報などの入力が必要になります。

日本語入力

再起動後は、日本語入力ができるようになっています。

まとめ

Fedora 31 Beta 他 Desktop Spins などがリリース!

デフォルトデスクトップはGNOMEですが、KDE Plasma、Xfce、LXDE、LXQt、MATE-Compiz、Cinnamonなどの「Fedora 31 Beta Desktop Spins」があります。

ダウンロード
インストールと日本語入力

簡単にインストールが完了し、再起動後の追加設定が終わると、日本語入力は出来るようになっています。