IT・サイエンス一覧

2020年AIやロボットでなくなる仕事…更に2030年代には?

2020年になくなる仕事。電車の運転士・ 車掌、レジ係、通訳、速記・ワープロ入力、プログラマー、新聞配達員、郵便配達員、レンタルビデオ、ガソリンスタンド、高速道路の料金徴収業務、仲卸業者、小規模農家、兼業農家、自然エネルギー関連、参議院議員、専業主婦。確かに2020年を待たずにもうなくなる寸前というものもあります。

無料OS『linuxBean』ならWindowsソフトも稼働テストが簡単に!

『linuxBean』をライブ起動し『Wine』でWindowsソフトが稼働できるかテストすることができます。まずは『linuxBean』をライブ起動し、「Wineの文字化け対策」パッケージをインストールします。その後は、Windowsソフトを「linuxBean Wine プログラム実行」から起動させテストできます。

Firefoxを新PCや新OSへ環境まるごと引っ越しできて超便利!

ブラウザーにFirefoxを使っているのでしたら、WindowsからUbuntu系のOSにも簡単に引っ越しできる裏技があります。当然ですが、WindowsからWindowsも可能です。引っ越しのイメージを簡単に表現しますと、旧パソコンのプロファイルを新パソコンのプロファイルに上書き保存する形で引っ越しをします。

無料OS『linuxBean』軽く初心者でもOK…さすが日本で開発!

『linuxBean』は日本の方が開発しており、Ubuntu 14.04 LTSをベースにして、なんとなくUbuntuのような風貌。Windowsプログラムが使えるWineが初めから入っていて、助けになるかも…また、古いパソコンでも楽々使えそうな、軽量・高速ディストリビューションで、起動すると初期状態から日本語です。

無料・音声読み上げソフト『Text To Wav ★』…高速チューンナップ!

『Text To Wav ★』の読み間違えをぐっと減らすため、辞書登録を簡単に、しかも一気に数百から千件程度の量を行う方法をについて説明します。まず、辞書がどのようなルールで登録されているのか確認してみます。ネットで、「難読漢字 一覧」等で検索し、辞書のルールのように作れそうなリストを探し、辞書の基を作ります。

無料・音声読み上げソフト『Balabolka』…さらに高速チューン!

音声読み上げソフト『Balabolka』において、より具体的に辞書ファイルに1000件位の単語を、ほんの数十分で一気に登録してみます。今回は一例として、「難読漢字 一覧」等で検索し、リスト化しやすくなっているページを探し、必要と思われる部分を集めます。その収集したリストから、辞書のルールにそって成型し、一括登録します。

無料・音声読み上げソフト…文章校正に『Balabolka』をチューンアップ!

音声読み上げソフト…実際に使ってみて、あまりの読み違えの多さに愕然としていませんか?フリーソフト『Balabolka』について、使い勝手がよくなるように、読み間違え解消チューンナップをします。チューンナップといっても、実際には読み間違えを減らすように、辞書登録を簡単に一気に行う方法についてまとめています。

アプリ化…Androidスマホであのサイトも軽量コンパクトに!

Hermit・Lite Apps Browserでライトアプリ化すると広告をカット、プライバシーの保護ができ、通常のアプリとは異なり、通信料もわずかながら制限可能、さらに、より速くブラウズ、データをブロック、夜間モードでブラウジング、リーダーモードなどの独自機能を付加可能。ただし、スマホアプリ独自の機能は当然なし。

白地図(世界各地域や日本)に自由に色やラベルを付け無料ダウンロード!

白地図から簡単に色分けした地図を作れる無料のネットサービス『mapchart.net』。世界各地域、そして日本などの白地図に、好きな色わけで説明文を付けて、カスタムマップを作成でき、ビジュアル表現をすることが可能です。無料でダウンロードして、プレゼンテーション、学校のプロジェクト、ブログ記事、SNSなどで使えます。

またWindowsが標的に…ランサムウェア「Petya」の亜種で「GoldenEye」の新種!

5月にランサムウェア「WannaCry」が全世界に猛威を振るったばかりで、新たに6月27日、欧州などでランサムウェアの大規模感染被害を確認というニュース。攻撃は約2000件で、大半がウクライナ、ロシア、ポーランドに集中。28日現在、感染経路は特定されておらずMicrosoft社 の脆弱性を悪用しているとされています。