ちょっとした知識一覧

無料OSの入った「起動用USBメモリ(設定保存可)」のクローン簡単作成!

「dd」コマンドでクローンUSBメモリを作る。コピー元になるUSBメモリとクローンを作るUSBメモリを用意してください。端末に以下のコマンドを入力して、エンターキーを押してください。USBメモリのサイズが異なるようにして、ポートを確認すればわかりやすくなります。

USBメモリに『無料OS』をインストールして作る安心PC環境!

パソコン、OS、データHDDなどを別々にセットしたパソコン環境をつくる。1.ノートパソコン 2.USBメモリOS 3.データ保存用外付けHDD 4.大型ディスプレイ 5.キーボード 6.マウス。これで、パソコン自体はこわれても、全く問題ありません。3番のデータ保存用外付けHDDだけ生きていれば、あとはすべて代替可能です。

WPA2脆弱性問題ですが…無線LAN、Wi-Fiは何という方へ!

Wi-Fiネットワークを暗号化するWPA2に、脆弱性が見つかったことが問題となっています。実質的にはWi-Fiネットワークを利用しているすべてのデバイスで、危険があると考える必要があります。特にゲーム機器やネットワークカメラ、USBメモリに入れているOSなんかも忘れずに。

今度はランサムウエア『Bad Rabbit』…簡単な感染対策は?

ランサムウエアの騒ぎが拡大してきており、今回は『Bad Rabbit』。現在ロシアを中心に感染が広まっており、感染すると0.05ビットコインを要求。現在約280ドル相当です。Kaspersky Labによれば、Adobe Flash Playerの脆弱性を突いた新たなゼロデイ攻撃とのこと。

メールの一斉送信で、BCCは使わない方が安全・確実…フリーソフトを使う!

フリーソフト『Mail Distributor』でメールを一斉送信。リストの一人ひとりに一通ずつメールを送信出来るツールです。宛先「TO」へ記載し、ここがBCCで送る場合と見た目ではっきり異なります。なぜ一斉メール送信ソフトやメールサービスを使うのか?

個人情報の漏洩『have i been pwned?』で確認…結果がセーフでも安心できない!

大規模な個人情報を流出してしまった企業のデータが登録されている『have i been pwned?』。運営しているのはMicrosoft地域ディレクターでもある Troy Hunt氏。メールアドレスを入力して「pwned?」をクリックすれば結果が表示されます。

メールアドレス「BCCではなくTO」で流出…個人情報の漏洩をあまく見ない!

単にBCCとTOを間違って流出させてしまっても、メールの内容によっては大問題に!ある病気の集団へメールを送った際、BCCに記載すべきメールアドレスをTOへ記載してしまい、病気とメールアドレスがセットで、関係者には大問題ということもあります。

mp4等の動画をmp3等の音声へ変換『えこでこツール』…簡単・使いやすい!

mp4、AVIなどの動画ファイルを、mp3、WAVなどの音声ファイルへ変換するには…えこでこツール(EcoDecoTooL)。ほとんどの動画・音声ファイルから音声を抜き出し、変換できるフリーソフトで、出力ファイルは以下の音声形式が可能です。wav、mp3、ogg、aac。『えこでこツール』の使い方はとっても簡単です。

Windows7でも使える仮想デスクトップ…スマホみたいに複数画面!

Windows用フリーソフト『Blacksmith』で仮想デスクトップを実現。Windows10の仮想デスクトップよりも、スマホライクな操作感。スライドさせることで、複数のデスクトップ切り替え可能。デスクトップの全画面を一面に表示して切り替えることもできます。ちなみに、テストでWindows10にて使ってみました。