自動車保険はランキングだけで決めない…『弁護士費用特約』が役に立つ!

最近は減ってきましたが、運転中にスマホでゲームなどに夢中になって、交通事故が発生した…そんなニュースを見るたびに、運転中にスマホでゲームをやるような人が、きちんと保険に入っていたのだろうかと思ってしまいます。

そんなわけで、今回は自動車保険について、どのような加入方法が良いのか、実例を踏まえて考えてみたいと思います。

ランキングで選んではダメなのか?

ダメではありませんが、通常ランキングで注目しているポイントは、以下のとおりです。

  • 価格や割引
  • 事故受付体制
  • ロードサービスの規模や内容
  • その他口コミなど

ただし、ネットでのランキングは、その掲載サイトの意向が、多少反映していることもありますので、自分でよく吟味する必要があります。

また、口コミなどについても、交通事故を何度も経験している人は少ないので、どの程度信頼できるのか、客観性があるのか、判断が難しい部分もあります。

つまり、ランキングは一つの要素ということです。

そもそも、強制保険(自賠責保険)があるじゃないか?

そのように言われる人もいるとは思いますが、自賠責保険の保障範囲や対象が、よくわかっていない人もいるかもしれませんので、ここでさらっと触れておきましょう。

対人賠償

つまり、事故に合わせてしまった人(被害者)にたいしての補償であって、自動車車両など対物の保証ではありません

補償(限度額)

  • 死亡 3000万円
  • ケガ 120万円

後遺障害は後遺障害の程度に応じた等級によって

  • 75万円~4000万円

もし止まっている自動車に追突してしまった場合は、交通事故を起こしてしまった加害者が、相手(被害者)の車両を加害者自身で賠償する必要があります。

ここからは実際にあったケース

ある日、Aさんの家族は車で外出し、ゆるい下り坂道の先にある信号が赤で停車しました。

するとその時、激しい衝撃を車に受けたため、Aさんは前の車にも激突してしまいました。

もちろん、Aさんは坂道ですからブレーキを踏んだままでしたが、多重追突事故になってしまいました。

そんな状況で、問題の加害者は、なんと任意保険に入っていませんでした。

もちろん、Aさんには過失が全くありませんので、Aさんが追突してしまった車についても、すべて発端の加害者が賠償責任を負います。

そのため、この事故は、被害者が10人程度、被害車両は3台で、相当の保証が必要ですが、対人賠償は自賠責保険で対応できても、車両はどうにもなりません。

最初加害者も、低姿勢で対応していましたが、後日Aさんの見積もりを見ると、こんな額は聞いたことがないとか色々と言い出して、話がスムーズに進みません。

通常、任意保険に入っていれば、保険会社の事故担当が交渉にあたりますから、保証金額に不満があっても、話は進みます。

ただ今回のAさんのケースは、被害車両が3台ありますから、金額も相当大きく全然進みませんでした。

もちろん、Aさんには何の過失もないので、自分が入っている保険会社の事故担当もでてきません。

そんなとき、Aさんは保険代理店から「弁護士費用特約」を使って、弁護士をつけましょうとの提案がありました。

弁護士費用特約を使う

この特約は、使ってしまっても、自分の保険に傷がつきません

つまり、使った方が得ということです。

早速、弁護士さんに相談し、車両とケガの治療費を請求してもらいました。

しかも、ケガや後遺症の賠償額算出に使う基準が「弁護士基準」となり、最も高額の賠償額になりますので、願ったりかなったりです。

そして、後日スムーズにお金が振り込まれました。

これで、Aさんはとりあえず今回の事故の賠償は、はたしてもらいました。

そんな時、突然警察から電話がかかってきて、他の被害者から、加害者の対応が悪く悪質だと訴えがあり、警察がそれぞれの被害者に状況確認ということでした。

Aさんの賠償は、無事終了した旨を伝えたところ、警察の人が驚いていたとのことです。

他の被害者は、話が全然進まず、いら立って警察へ連絡したわけですので、Aさんがすでに完了したと聞いて、???となってしまったわけです。

弁護士費用特約が付いているか?すぐに確認を

あなたも、いつAさんのようになるかはわかりませんので、まずは保険証券を出して、内容を確認してみましょう。

弁護士費用特約は絶対にお得!

弁護士費用特約の限度額は通常300万円

そして、保険料としては、それぞれ人や会社によりますが、大体年間1500円程度です。

仮に、20歳で免許を取って、60歳まで運転したとして、約40年払い続けて6万円程度の出費になります。

交通事故の賠償における弁護士費用は、通常はザックリとですが、60万~100万程度になるようですので、一度でも使えば、十分元が取れます。

もし使わなくても、安心感を得られます。

ただし、使えるのは…今回のAさんのようなケースで、自分に過失がないため、自分の保険会社は示談代行してくれないので、交渉が難航することが多々あり、このようなときに利用できます。

また、自身が車に乗っていなく歩行中の交通事故など、賠償してもらう相手が車両なら使える可能性がありますので、加入や更新時には調べておきましょう。

今後、自動車保険の更新時には、「弁護士費用特約」の確認を忘れずに行いましょう。

まとめ

通常ランキングで注目しているポイントは、価格や割引、事故受付体制、ロードサービスの規模や内容、その他口コミなどですので、ランキングは一つの要素ということです。

実際にあったケースですが、多重追突事故で、加害者は、任意保険に入っていませんでした。

この事故で、被害車両は3台あり、自賠責保険も車両は対象外ですので、どうにもなりません。

そのため、金額も相当大きく賠償の話は、全然進みませんでした。

そんなとき、「弁護士費用特約」を使って、弁護士をつけて、一気に解決まで進みました。

弁護士費用特約は、使っても、自分の保険に傷がつきません

しかも、ケガや後遺症の賠償額算出に使う基準が「弁護士基準」となり、最も高額の賠償額になります。

弁護士費用特約の限度額は通常300万円です。

保険料としては、大体年間1500円程度です。

交通事故の賠償における弁護士費用はザックリとですが、60万~100万程度で、一度でも使えば、十分元が取れます。

自動車保険の更新時には、「弁護士費用特約」の確認を忘れずに!