他人に与えた損害や怪我の賠償に…個人賠償責任保険が安くて便利!

大人なら一度や二度は、他人に損害を与えたり、怪我をさせたり、させられたということがあると思います。

昔なら「ごめんなさい」で済んだかもしれませんが、最近はそういうレベルでは済まないこともあります。

そんな時に、個人賠償責任保険があれば、賠償金の支払いで助かる可能性があります。

個人賠償責任保険とは?

こんな時に保険で賠償金を支払ってもらうことができる

  • 子供が駐車中の車を傷つけてしまった
  • 自転車で走行中に他人に怪我をさせた
  • ベランダから物を落として歩行者に怪我をさせた
  • 買い物中にあやまって商品を壊してしまった
  • 飼い犬の散歩中に他人に噛みつき怪我をさせた

幅広い対応ができますので、現在のような世の中では必要な補償です。

賠償補償額や保険料金は?

各社で多少異なりますので、あくまでもざっくりとした目安ですが、賠償の補償額が1億円限度とした場合、月あたり100円〜200円の間になります。

しかし、補償限度を半分の5000万円としても、掛け金は半分になるわけではありません。

つきあたり数十円程度の差にしかなりません。

補償の対象者(被保険者)は?

  • 記名被保険者(本人)
  • およびその家族
    • 配偶者
    • 同居の親族
    • 生計が一緒の別居の未婚の子(仕送りを受けている学生など)

つまり、一家に一つ入っていれば、家族全員を守ることが出来る可能性があります。

賠償責任保険の支払い対象とならない場合は?

こんな時は対象にならないので、別途必要な保険に加入するか、担保されないということを理解しておく必要があります。

  • 闘争(喧嘩などの)行為による怪我など
  • 自動車や船舶などの所有や使用・管理により発生した事故(別の保険で対応)
  • 同居の親族に対しての損害賠償(同居の親族は被保険者)
  • 仕事中に発生した賠償事故(別の保険で対応)
  • 他人からの借り物を壊したことによる賠償事故(別の保険で対応)

喧嘩や自動車事故の場合は対象外同居の親族は、そもそも被保険者ですので、賠償の対象外というのはイメージしやすいと思います。

しかし、 仕事中に関する賠償や、他人からの借り物への賠償が保険の対象にならないというのは、つい忘れてしまいがちかと思いますので、このあたりはきちんと確認しておく必要があります。

加入方法や保険のかけ方は?

個人賠償保険単体で加入することも可能ですが、保険会社も積極的に売りたいと思っている保険ではありませんので、場合によっては更新忘れなんてことになるといけません。

そうならないためには、自動車保険や火災保険の特約として付帯させておくのが安心です。

よほど悪質な客にならなければ、普通に更新の確認をされるので、個人賠償保険が切れていたということにはならないと思います。

自動車保険や火災保険の更新まで、期日があっても通常は途中から特約として追加することができますので、保険会社や代理店に確認してみてください。

まとめ

個人賠償責任保険は、次のような場合に支払われます
  • 子供が駐車中の車を傷つけてしまった
  • 自転車で走行中に他人に怪我をさせた
  • ベランダから物を落として歩行者に怪我をさせた
  • 買い物中にあやまって商品を壊してしまった
  • 飼い犬の散歩中に他人に噛みつき怪我をさせた

保険料金は各社で多少異なります。

目安ですが、賠償の補償額が1億円限度とした場合

月あたり100円〜200円の間になります。

補償の対象者は、記名被保険者(本人)およびその家族

ただし、喧嘩や自動車事故などの場合は対象外で、仕事中に関する賠償や、他人からの借り物への賠償も個人賠償責任保険の対象になりません。

個人賠償責任保険は、単体で加入することも可能ですが、自動車保険や火災保険の特約として付帯させておくと更新忘れもなく安心です。

自動車保険や火災保険の特約などでダブって入っていても、賠償額内であれば、両方から二重にでることはありません。

なお、加入に際しては、約款などをよく確認の上ご対応ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする