良い悪い?色々なモノが…本当はどっち?ナゼそうなる?

たとえば、コーヒー好きの人は結構多いと思いますが、そういう自分も大好きで、毎日大きめのカップで3杯から4杯位飲んでいます。

でも、気になるのはコーヒーの評価…健康に悪いというものから、たくさん飲む人は長寿だというものまで、いろいろな情報が渦巻いています。

同じように、お酒や油なども、良いとか悪いとか…情報が色々飛び交っていて、本当はどっちなんだと言いたくないます。

最近では、「ブルーライトは問題がない」という話と「ブルーライトで失明」というような話があったりして、どうなのかわかりません。

さらに、少し前には「ココナッツオイルは毒」、「ココナッツオイルは健康にいい」なんて話があったりします。

さらに、ネットを検索してみると、タバコが体に悪くはないという話すら出てきますので、何が本当かわかりません。

調査研究をしたのは誰?どんな目的で?

そもそも、誰がなんのために調査研究した結果なのかをはっきりさせずに、「こういう調査結果があります」「ある統計データによりますと…」こんな感じで書かれていたら、参考程度に留めておくべきでしょう。

また、どこが調査研究したデータかわかっても、バックに依頼主がいる場合は、純粋な研究とは限りませんので、色眼鏡で見ろと言うわけではありませんが、そのあたりを考慮する必要があります。

嘘はつかなくても誤魔化せる

よく有りそうな子供の話ですが、子供が親に新しいゲーム機を買ってもらいたくて、言いました。

子:みんなが持っているから、クリスマスに買ってほしい。

親:何割位の子がもっているんだ?

子:8割ぐらい

親:そんなにか?じゃあ買ってやるか…

でも、実際には子供と仲が良い友達5人中、自分だけ1人が持っていなかっただけかもしれません。

世論調査も調査対象を変えてきている

最近は、変わってきましたが、以前は固定電話のみの調査であったため、調査する集団が「高齢者」「多少余裕の有る層」に偏っていました。

そのため、最近は携帯電話も調査対象にしたり、調査する会社によっては、調査対象とした本人につながるまで、改めて連絡し直すこともあると聞きます。

そして、「○○方法で調査しました」と調査方法を明記して、より平均的な集団を調査したことがわかるように表現してきています。

そのようにしないと、先程の子供の話と同じになってしまいます。

疑うくらいがちょうど良い

調査対象の集団を選べば、調査結果は変わります。

よくある「○○の集団□□人に聞きました」は、要注意です。

たとえば、「18歳から35歳までの独身男性100人に聞きました」としましょう。

もし、このレベルならはっきり言って、調査内容によっては使い物になりません。

ある程度まともに見えますが、18歳から20歳が7割で、あとは均等だとしたら、調査内容によっては平均的な結果とはならないでしょう。

最後は自分で判断する

調査対象の集団を意図的に誤魔化すことは、出来てしまいます。

あからさまではなくても、先程の子供の例のようにすることで調整できてしまうので、あれっと思ったら、疑う必要があります。

そもそも「あれっ」と思わない場合は、仕方がありませんね。

ネットで調べる場合も注意

検索エンジンで複数ヶ所のWebページを調べる必要があります。

また、動画サイトやSNSは注意しないといけないでしょう。

特に動画は上位に上がってても、正しいからではなくアクセスが多いから上がっていることがあります。

まとめ

調査研究をしたのは誰かを見る

調査対象の集団を意図的に調整することで、答えが変わってしまいます。

世論調査も調査対象を変えてきている

以前は固定電話のみの調査であったため、偏っていましたが、最近は携帯電話も調査対象にしてきています(質問でも偏りますが…)。

自分で判断するしかないので、ネットで調べる場合も注意

検索エンジンで複数ヶ所のWebページを調べ、動画サイトやSNSは注意しないといけないでしょう。

シェアする

フォローする