3D動画を2D動画から作ってみた…裸眼交差法で見て!

最近は、あまり3Dについて騒がれなくなってきましたが、以前は3D動画のYoutubeチャンネルを作ろうかと思って、2D動画を3D変換できると言われているソフトを、かたっぱしから調べてみました。

しかし、結論からいえば、とても3Dと言えるような代物ではなく、自分でこれは3Dだと思い込まないと、3Dと感じないようなものばかりでした。

本当に3D化のソフトの問題なのか?

自分の目や脳がおかしいのかもしれない…

実際に有料のソフトもテストしているのに、あまりにも3Dに見えない状況なので、2D素材が悪いのか、自分がおかしいのかを、調べる必要が出てきました。

2D素材から編集で3D動画をつくってみる

それなら、自分で作ってしまえと思って、まずどうすれば2Dが3Dに変換できるのか、色々と手作業で編集して調べました。

その結果、なんとか動画編集で2D動画を3D動画にすることができるようになりました。

そして、実際に一番3D化されていると思われるソフトで3D化したものと、自分で編集して作ったものがどの程度違うかを比べてみました。

その結果、自分で編集して自作したほうが、よほど3D動画に見えたので、やはりソフトの限界ではないか?

ということで、自分では現在一般的に出ている3D化のソフトでは、あまり3Dに見えないということで、決着しました。

まずは見方から…裸眼、交差法でみます

ちなみに、交差法がわからない方のために少々説明します。

左右2つの映像があります。

それぞれの映像を、右目で左の画像を、左目で右側の画像を見るようにします。

文字にすると難しいので、画像をご覧ください。

左右をクロスしてみて、手前に像をつくる要領です。

雰囲気としては、近くのものを見るときの感じで、いわゆる寄り目の要領で、この交差法で見ると立体に感じると思います。

うまく行くと、映像が横に3つ並んで見え、その真ん中の映像が3Dになっているはずです。

それでは電車の走行VTR

これが元の2D動画です。

これを下の3D動画にしました。

先程の交差法で見て下さい。

少しは、3Dに見えると思いますが、いかがでしょうか?

ちなみに、Aviutlで編集しています。

この動画編集ソフトは手放せないので、メインパソコンがWindowsからUbuntuに変更せざる負えない状況になっても、Wineを利用して使っています。

もちろん、フリーでとても高機能です。

結局、手作業で作ったほうが3D動画に見えるということで、量産するのはめんどくさいと思い、その当時Youtubeチャンネルを作ろうとしていたのですが、やめました。

実際、3DVRへ流れが移って来ていたので、やらなくて正解でした。

まとめ

2D動画を3D変換できると言われているソフトを調べてみたら、結論からいえば、とても3Dと言えるような代物ではないと感じました。

しかし、自分の目や脳がおかしいのかもしれない…

自分で動画編集して、2D動画を3D動画にし、自作したほうが、よほど3D動画に見えました。

現在一般的に出ている3D化のソフトでは、あまり3Dに見えないということで、決着しました。

ちなみに作ったのはこんな動画

交差法で見て下さい。

今回は、以前Youtubeチャンネルを作ろうと思ったけど、良い3D化ソフトがなかったので、自作して比べてみたというお話でした。

ということで、Youtubeチャンネルは作りませんでした。

コメント

  1. 2D 3D 変換 より:

    おかげさまであっという間にできました。
    ありがとうございます!