動画変換ソフト『XMedia Recode』…ちょっとした編集も!

動画変換ソフトは、シェアウエアを始めとして、色々ありますので、どれがよいのか詳しくない人にはわからないと思います。

ですから、日本語で丁寧に説明されているシェアウエア系の動画変換ソフトを、使いたくなる気持ちもわかります。

しかし、今回紹介させてもらうXMedia Recodeはサイトをみると、使う気がなくなるような雰囲気ですが、もう何年もお世話になっています。

XMedia Recodeとは

動画や音声を様々な形式に変換できるフリーソフトです。

最新のコーデックに対応するために頻度の多いバージョンアップが特徴で、ちょっと煩わしいと思うこともありますが、それだけ色々な時に使えるということの裏返しです。

また、XMedia Recodeは多機能なので、色々なことができますが、それを羅列して説明サイトにしても仕方がありませんので、気に入っている点について説明します。

XMedia Recodeの気に入っている点

とにかく変換パターンが多いので、このソフト1つあれば基本的には他の変換ソフトはいらないでしょう。

以前、XMedia Recodeを知らなかったころ、色々なフリーソフトを使ってみたのですが、どれも満足できずに困っていました。

特にYouTubeにアップする際に、動画フォーマットは複数対応しているものの、アップロードがスムーズに行かなかったりすることもあり、困っていた頃見つけたのがXMedia Recodeでした。

それ以降、このXMedia Recodeには色々なところで助けられました。

XMedia Recodeはここが便利

撮影した動画の一部を編集したい時があると思います(当然ですね)。

編集してカットすれば済むことですね…しかし何で編集しますか?

Windowsの場合は、多くがムービーメーカーになりますが、スマホなどでの撮影の場合は、左右に帯が入って無駄なスペースとなってしまいます。

そして、規定のフォーマットでの編集になりますので、特定のフォーマットが必要な場合は、さらに別のソフトで変換となってしまいます。

しかし、XMedia Recodeはそれが1発で済んでしまいます。

これは相当時間の節約になりますので、最近は作りこむ動画以外の場合は、前後の不要部分カットのみで対応していますので、ほとんどXMedia Recodeだけで済むようになっています。

不要な部分カットをしながら変換

MP4ファイルを不要な部分をカットして、WebMに変換する操作をやってみます。

これでブログに掲載するのに役立っています。

システム要件

  • メモリ: 1GB
  • Windows 7, 8, 8.1, 10
  • DirectX: DirectX 9

ちなみに、Wineを介してLinuxでも利用可能

ダウンロード

XMedia Recode 公式サイト

https://www.xmedia-recode.de/

まとめ

XMedia Recodeの気に入っている点

変換パターンが多いので、このソフト1つあればもう他の変換ソフトはいらないと思います(普通の人は)。

WindowsだけじゃないLinuxでも使えるので、PC作業をWindowsメインからLinuxへチェンジしても問題なかった。

XMedia Recodeはここが便利

動画のカット編集と変換が同時に行え、時間の節約ができます。

特に長い動画の場合、編集するPCのレベルによりますが、長い場合、1時間以上かかることもざらですので、一発で完了するのは助かります。

対応OS

Windows 7, 8, 8.1, 10、Wineを介してLinuxでも利用可能

ダウンロード

XMedia Recode 公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする