MX Linux 19.2 KDE Beta 2…お試しインストール!

MX-19.2 KDE Beta 2が、リリースされましたので試してみました。

インストールから日本語入力までになりますが、蘊蓄などは特にありませんので、ご了承願います。

このバージョンは、ネーミングからもわかりますように KDE plasma 5.14.5 デスクトップ環境になっています。

なお、ベータ版のため実機にインストールする場合は、何らかの問題が発生するかもしれませんので注意してください。

スポンサーリンク

MX-19.2 KDE Beta 2 のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.8)にて起動・メニューなどの操作や日本語入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

通常のXfceデスクトップ環境版と比較してしまうと、若干モッサリしている印象があります。

 

MX-19.2 KDE Beta 2 について

今回インストールしたのは「MX-19.2_KDE-beta2_x64.iso」ファイルになります。

 

リリース情報

https://mxlinux.org/blog/mx-19-2-kde-beta-2-available-for-testing/

 

ダウンロード

公式サイト

https://mxlinux.org/

ダウンロードページ

https://sourceforge.net/projects/mx-linux/files/Testing/MX-19.2_KDE/

 

インストール

VirtualBoxでインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

最初のメニュー画面で、「F2キー」を押し、日本語に設定して進めます。

また、その後ユーザー情報の入力以外は、基本的にそのまま進めました。

※ここでのインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力の設定

メニューから「MX パッケージインストーラー」を起動します。

パッケージのところを下に見ていくと「言語」があり、そこを開いて「J」のところに日本語フォントやFcitx関連がありますので、チェックを入れます(一応ibus以外は、チェックしておきました)。

途中で、いくつかの確認がありますので、そのまますすめました。

終了したら、ログアウト・ログインを行えば、日本語入力はできるようになっています。

 

まとめ

MX-19.2 KDE Beta 2 のインストールから日本語入力

  • KDE plasma 5.14.5 デスクトップ環境のMX Linux
  • インストールしたのは「MX-19.2_KDE-beta2_x64.iso」ファイル
ダウンロード

ダウンロードページ Sourceforge より

インストールと日本語入力の設定

インストールは特に難しくはないと思いますので、ゆっくり確認しながら行えば問題ないと思います。

日本語入力は、やり方さえ知っていれば簡単に行えます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました