無料OS『Linuxfx』…インストールで日本語入力まで完了!

前回は、Linuxfx(Ubuntu 18.04 LTSベース)について、デスクトップの映像とシステム要件、そしてダウンロード等についてまとめました。

Linuxfxは、ブラジルのディストリビューション。Linuxfx 9.1は、Ubuntu 18.04 LTSがベースで、オフィスソフトはWPS Officeがプリインストールされています。また、ネット系は、Chrome、Firefox、Skype、Thunderbirdなど。

今回は、Linuxfxのインストール用USBメモリの作成から、インストールと日本語入力までになります。

インストールとライブ起動確認

インストール確認は、VirtualBox Ver.5.2.12にて、計2回行っています。

ライブ起動は、元Windows 7 professional(64bit)PCで確認しています。

インストール用USBメモリの作成

Linuxfxの公式サイトでは、USBメモリへのisoファイルの書き込みは、「Etcher」をオススメしているようです。

しかし、UNetbootinにて、USBメモリに書き込んでみましたが、全く問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

『Linuxfx』のインストールについて

今回のインストールは、パソコンのハードディスクのOSを入れ替える形で行います。

なお、設定を変えれば、デュアルブートにすることも可能になります。

インストール手順

各ステップにおいて、それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックして進めてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記の説明のナンバーになります。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. メニューがでたら、まずは言語を「日本語」に設定し、「Linuxfxをインストール」画像のボタンを押します。
  2. キーボードレイアウトの選択でレイアウト「日本語」、変種「日本語」等を選択します。
  3. アップデートと他のソフトウェアで、今回はこのままの設定で進めます(変えても結構です)。
  4. インストールの種類で、今回は「ディスク全体を使う」として進めます。
  5. ディスクの書き込み確認ですので、問題がなければ、そのまま進めます。
  6. タイムゾーン選択で、地域「アジア」、タイムゾーン「日本時間」になっているのを確認し、違っていたら修正してください。
  7. ユーザーネームやパスワード等を設定します。
  8. インストール設定した内容に応じて、数十分から場合によっては、1時間程度の処理時間が必要です。
    そして、インストールが終了しますので、「今すぐ再起動する」をクリックし再起動します。
  9. ここで、インストールメディア(USBメモリ等)を抜き取ってから、Enterキーを押してください。

日本語入力について

インストールが終了し、再起動させた段階で、すでに日本語入力できるようになっています。

念の為、テキストエディターなどで、日本語入力の確認をしてください。

これで取りあえず使えるようになりましたね。

まとめ

Linuxfxのインストールと日本語入力まで

インストール用USBメモリの作成

公式サイトでは、「Etcher」をオススメしています。

ここではUNetbootinにて作成し、ライブ起動も問題ありませんでした。

インストールについて

最初の言語の設定と、キーボードレイアウトの設定、あとはユーザーネームやパスワードを入力する程度で、他は「続ける」などのボタンを押していくだけです。

日本語入力について

インストールが終わって再起動すれば、日本語入力できるようになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする