「諦めないこと」が成功する秘訣?…そんなわけない!

たまに「諦めなければいつか成功する」などと言うことを聞きますが、本当でしょうか?

期限がなければ、いつも道半ばで済まされてしまいます。

そして、そのうち成功するということで、コストばかりがかさんでしまいます。

もし、袋小路にハマっているにもかかわらず、いつか成功すると信じていたら、時間と費用の無駄でしかありません。

期限を決めるのは大切

無謀な短期間や、無駄に長期間にならないように、しっかり見極める必要があります。

そのためには、きちんと調査をして、どれぐらいの期間が必要なのか?

そして、成功が見え始めるタイミングを掴んでおきましょう。

早すぎる諦めも問題

例えば、知識がほとんどない事柄について、毎日学んだり、スキルアップのトレーニングをして、(低すぎるとは思いますが例ですので)1%だけ前日より知識やスキルがアップしていくとします。

いわゆる複利計算になります。

最初は、ちょっと聞きかじっているだけとして、1の知識から始めます

そして、100に達した時に専門家レベルとします

とりあえず1ヶ月の30日頑張った結果は、「1」が「1.3478」にしかなりません

これじゃ 10年たっても無理だ…とても専門家にはなれやしないと思うことでしょう。

でも本当でしょうか?

100日:2.7048

200日:7.3160

300日:19.7885

365日:37.7834

400日:53.5241

464日:101.1853

(小数点以下の処理で若干数値が異なる場合があります)

実際には1年と3ヶ月程度で、100を超えます。

半分の50を超えるまで、1年と1ヶ月程度必要ですが、その後100を超えるのに2ヶ月程度ですみます。

もちろん、こんな理想的には行かないでしょうが、累積してネットワークを築いていきますので、ある時まではひたすら低空飛行ですが、気がつくとできるようになっていたりします。

このあたりの読みが難しいのですが、これは正しいと思われる方向に努力していて、はじめから無理な目標でない場合に起こり得るでしょう。

間違っていたり、努力をしなければ、このようにはならないでしょうが、この例は、一日たったの1%ですから、そんなに無理な話ではないと思います。

ダメなときはスパっとやめる

物事に必死に取り組んでいると、周囲の人間は無理とわかっていても、本人だけがわからないこともあります。

物事を始める時期は、理解されていない時が良い場合が多々ありますが、やめ時は、たいてい本人だけが意固地になるように、まだ行けると思っていることが多いでしょう。

クラレの創業者である大原氏云わく「10人の役員がいて、そのうちの1人か2人しか賛成しない時に物事を決めるのがベストタイミングだ」役員の過半数が賛成する時には、手遅れだと言っています。
さらに2年前ですが、クラレ社長である伊藤氏は「駄目なものに早めに手を打つ仕組みづくりが強さの秘密(週刊ダイヤモンド)」と言っています。

いつまでに、どの程度の成果を上げるという目標

期間のない目標は、年号のない予言と一緒です。

いつ成功するのかわからないのは、ずっと成功しないのと同じです。

調査をしっかりして、具体的な目標を立てて、期間を区切って、あとは頑張るだけです。

そして、ダメならやめる勇気も必要です。

まとめ

「諦めなければいつか成功する」

本当でしょうか?

成功が見え始めるタイミングを掴むのは難しく、伸び方は直線ではないので、わかりにくいのも事実です。

しかし、物事に必死に取り組んでいると、周囲の人間は無理とわかっていても、本人だけがわからないこともあります。

クラレの伊藤社長は、「駄目なものに早めに手を打つ仕組みづくりが強さの秘密(週刊ダイヤモンド)」と言っています。

期間のない目標は、年号のない予言と一緒で、いつ成功するのかわからないのは、ずっと成功しない可能性も多々あります。

  • しっかりした調査
  • 具体的な目標
  • 期間を区切る

そして、頑張り、ダメならスパっとやめる

ただ、ビジネスの場合は、タイミングという別の要素も大きいので、見極めが難しくなるのが問題ですが…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする