オンラインストレージ悪用のフィッシング詐欺…これは騙される?

BBソフトサービスが2019年7月度のインターネット詐欺リポートを発表しています。

同社の対策ソフトウエア(詐欺ウォール)で観測したところによると、2019年上半期で22件と若干の増加傾向にあるとのことです。

あくまでも一部の対策ソフトが観測した結果ですので、ネット全体での状況ではありませんが、非常に気になる詐欺のやり方です。

また、このような詐欺は忘れた頃に、再び起こりますので注意を怠らないようにしましょう。

オンラインストレージ悪用の手口

オンラインストレージサービス上に、メールアドレスやパスワード取得のために、偽ログインページを設置しメールで誘導します。

特に問題なのは、偽ログインページのURLがオンラインストレージサービスの正規ドメインとなっていることです。

そのため、URLを確認するだけでは、フィッシング詐欺を判別できないため、騙される可能性が高まってしまいます。

注意喚起のメールはすべて詐欺と思って対応

このオンラインストレージを悪用している詐欺は、使えなくなるよと脅かして偽ページへアクセスさせようとしています。

今後も同じ手口とは限りませんが、詐欺の手口は概ね”相手を焦らせて”冷静な判断ができないようにします。

オンラインストレージの悪用に限らず、メールでの注意喚起に関するものは、詐欺と思って対応しましょう。

もちろん、無視しろと言うことではありません。

詐欺だと思って、冷静に対応しましょうということです。

実際にどうする?

もし、サービスを実際に利用しているなんらかの業者から、メールで注意喚起の連絡が合った場合には、メール記載のURLにはアクセスせずに連絡をとりましょう(本物だと感じた場合にです)。

もちろん、そのメールへの返信ではなく、直接正式なURL(そのサービス提供会社)からアクセスするなどして、メールに関係のないルートで連絡をしましょう。

すぐに連絡が取れるとは限りませんので、同時にメール掲載の文面で特徴的な文章をネット検索してみましょう。

通常は焦る必要はありませんので、サービス提供会社からの連絡を待って対処しましょう。

まとめ

オンラインストレージ悪用は騙されそう
  • オンラインストレージサービス上に、偽ログインページを設置しメールで誘導。
  • 偽ログインページのURLがオンラインストレージサービスの正規ドメイン。
  • URLを確認するだけでは、フィッシング詐欺を判別できない。
注意喚起メールはすべて詐欺?

メールでの注意喚起は、詐欺と思って冷静に対応しましょう。

本物っぽい注意喚起メールが届いたら

メール記載のURLにはアクセスせずに、直接サービス提供会社の正式なURLへアクセスするなどして確認しましょう。