『Google 翻訳』無料アプリ…カメラで訳せるリアルな世界!

数年前の機械翻訳はひどいものでしたが、最近はレベルも相当上がってきて、WEBページなどは単純に機械翻訳しても理解出来るレベルになってきています。

特に、Googleの翻訳レベルは相当上がってきていますので、WEBサービスのGoogle翻訳は、海外のページを訳すのに利用させてもらっており、大変助かっています。

しかし、WEB上においては、ほとんど翻訳の問題がなくなりつつありますが、リアルな世界はそう簡単にはいきません。

日本の日常生活においても、外国語で書かれた文章などで、翻訳に手間取るようなこともまれにあります。

今回はそんな時に役に立つ無料アプリを見てみましょう。

リアルな日常生活での翻訳シーン

  • 外国製品のマニュアルが外国語だけで書かれておりわからない
  • 説明書などが日本語と英語などで書かれているものの、日本語訳がおかしい
  • 資料などで英語の単語が使われていて意味がわからない
  • 看板などで使われている英語の意味を確認したい

これらのケースの場合は、WEB上ではありませんので、簡単に翻訳することは、普通はできません。

以前ならば、外国語マニュアルの場合は、スキャンしてOCRで読み取って、その後に翻訳ソフトで訳すという手間が必要でした。

しかし、いまは無料アプリを使ってスマホのカメラをかざすだけで、そのまま翻訳した結果を、カメラを通して見ることができます。

『Google 翻訳』はカメラでリアルタイム翻訳

『Google 翻訳』は通常のWEBサービスのような翻訳も当然できますが、なんといってもリアルタイムでカメラを通して翻訳ができますので、スマホをひとつ持っていれば、ちょっとした翻訳作業を(38言語に対応)いつでも手軽に行うことができます。

例えば、以下のような標識や看板があった場合の例を見てください。


また、マニュアルなどの少し複雑な翻訳については、レベルがまだこれからという感じではありますが、このようなときは写真に取って翻訳(37言語に対応)をすることで、翻訳精度を上げることができます。

『Google 翻訳』その他の主な機能

 画面に入力することにより 103 言語間の翻訳が可能です。
 音声入力で 2言語間をリアルタイムに翻訳(32言語に対応)翻訳ができ、さらに読み上げてくれますので、外国人にそのまま聞かせることができます。
 キーボード不要で文字を手書きして翻訳が可能(93言語に対応)ですので、色々なシチュエーションで使えます。

カメラのリアルタイム翻訳以外でも、十分に利用できそうな機能が満載です。

このアプリをひとつ入れておけば、リアルな世界での翻訳は、結構使えそうです。

ダウンロード

App Store

Google Play

レビューのまとめ

  • 翻訳精度がかなり向上
  • 翻訳が変なときもあるけど使える
  • 翻訳の精度が以前より改善されているので使える
  • 衣類とかに書かれた単語の翻訳に使える
  • 翻訳のおかしいところがちょっとある
  • たまに変な翻訳になるけど使いやすい

※これらのコメントは、語尾などを修正してまとめています。

古いレビューや、スマホとの相性などに関連するようなレビューは外しています。

それ以外を見ると、翻訳がおかしいというのは比較的多くありましたが、単純に翻訳のレベルの感想を述べていると思われますので、以前からの機械翻訳を知っている方などは、ポジティブな意見になると思います。

まとめ

リアルな日常生活での翻訳シーンは、当然海外旅行ですが、それ以外の日本でも、外国製品のマニュアルが外国語だけで書かれており、わからないなど、身近にも色々と存在しています。

以前ならば、外国語マニュアルなどの場合、スキャンしてOCRで読み取って、その後に翻訳ソフトで訳すという面倒な手間が必要でした。

いまはスマホの無料アプリを使って、カメラを通して翻訳することができます。

『Google 翻訳』は、リアルタイムでカメラを通して翻訳ができますので、スマホをひとつ持っていれば、ちょっとした翻訳作業を、いつでも手軽にリアルな世界で行うことができます。

さらに、音声入力で 2言語間をリアルタイムに翻訳でき、さらに読み上げてくれます。

そして、文字を手書きして翻訳が可能ですので、色々なシチュエーションで使えます。

このアプリひとつで、リアルな世界での翻訳は、結構使えそうです。

ダウンロード

App Store
Google Play

今後もどんどん精度が上がっていくと思われますので、今から利用しておいても損はないと思います。