電子印鑑フリーソフト『クリップスタンプ』…印影を簡単に作れる!

ちょっとした書類でも、シャチハタは駄目…以前はよく言われたものです。

ですから、書類に電子印鑑なんて、まずいかなと思っていましたが、意外と使いやすかったりします。

たとえ社外に対するものは駄目でも、社内の書類なら、さほど問題は無いでしょうし、使い方によっては非常に役立ったりします。

『クリップスタンプ』でこんな印鑑が簡単にできる

まずは、どのような電子印鑑が押印できるのか見てみましょう。

上段の6つ、デート印、デート印(代理)、三文判、丸印、角印、2分割印が最初から用意されています。

この中身の文字を変えれば、簡単に利用したい印影が作成できます。

下段の3つは、角印をベースにスタンプ化したものです。

フォントやサイズを変えたりできますので、ゴム印のようなスタンプを、色々作ることが出来ます。

ちなみに、「済」印みたいなものは、100円ショップでも売っていますが、「社外持ち出し不可」、「課長以上閲覧可」、「確認後廃棄」みたいなものは、ゴム印を作るとしたら、費用もばかになりません。

電子印鑑で楽々押印

例えば、企画書に「社外秘」とスタンプする場合、印字してからゴム印を押す手間を省くことができます。

もちろん、指示ミスで「社外秘」の押し忘れも起きません。

さらに、他の部署で原稿のファイルを利用する場合、はじめから「社外秘」とファイル自体にスタンプされていれば、あやまって取引先に渡す書類に紛れることもなくなります。

また、書類を作成して、他へ回す際に、はじめからデート印を押した状態で済みますので、ひと手間減ります。

もちろん、PC上でクリップスタンプを押しますが、物理的に日付を合わせてから、押印するより早く出来ます。

クリップスタンプなら、デート印の日付は、勝手に変わります。

『クリップスタンプ』の特徴

マイクロソフト・ワードやエクセル、一太郎などのファイルに、各種印影を直接押印できます。

作成した各種印影を、画像データとして出力することで、他のアプリケーションでも利用可能です。

このソフトで一番気に入っているところは、「Apache OpenOffice」と「LibreOffice」で普通に利用できるところです。

マイクロソフトワードやエクセル以外のオフィスソフトで利用できるのは、大変助かります。

使い方

通常モードと常駐モードがありますが、通常モードの場合

  1. 起動させると、設定画面が表示されます。
  2. 利用したい印影を作成し「OK」ボタンを押すと、クリップボードに保存されます。
  3. 貼り付けたい(押印したい)ワープロファイルなどで、「編集」→「貼り付け」でスタンプされます。

動作環境

動作OS:Windows 10/8/7

ダウンロード

Vectorより

https://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se255894.html

まとめ

『クリップスタンプ』でこんな印鑑が簡単にできる

デート印、デート印(代理)、三文判、丸印、角印、2分割印が利用可能。

上記印影の文言やフォントなどを変えれば、簡単に利用したい印影が作成できます。

また、角印をベースにゴム印のようなスタンプを、色々作ることが出来ます。

『クリップスタンプ』の特徴

ワードやエクセル、一太郎などのファイルに、各種印影を押印できます。

各種印影を、画像データとして出力することで、他のアプリケーションでも利用可能です。

使い方
  1. 起動します。
  2. 印影を作成し「OK」ボタンを押します。
  3. ワープロファイルなどで、「編集」→「貼り付け」で押印すれば完了。

動作環境:Windows 10/8/7

ダウンロードはVectorより