天気予報は風の情報も重要『Windy』…リアルから未来まで見る!

天気予報で気温を確認して、服装も抜かりなく外出したにも関わらず、結構寒かったということはありませんか?

そんな時は、きっと風の影響を受け、体感温度が下がったに違いありません。

ちなみに、気象庁によれば気温の測定は以下のようにしています。

風通しや日当たりの良い場所で、電気式温度計を用いて、芝生の上1.5mの位置で観測することを標準としています。また、電気式温度計は、直射日光に当たらないように、通風筒の中に格納しています。通風筒上部に電動のファンがあり、筒の下から常に外気を取り入れて、気温を計測しています。

気象庁より

つまり、風による体感温度の変化は考慮されていないと思われます。

風の影響はどれぐらいか?

体感温度 – 高精度計算サイト

http://keisan.casio.jp/exec/system/1257417058

一例として、気温20度、湿度60%、風速0m/s、この場合体感温度は、20.1度となりました。

それに反して、気温20度、湿度60%、風速3m/s風だけの違いですが、なんと13.4度となりました。

これほどちがいますので、気温による風の影響も考慮しないといけませんね。

特に季節の変わり目には、風の情報を考慮したほうが良さそうです。

風をリアルに見られるアプリ『Windy』

Google Playより

ECMWF、GFS、NEMS、NAM、ICONなどの予測モデルに基づいて、より良いサービスを行います。

政府、プロのパイロット、サーファー、ボート、漁師などに信頼されているアプリと表現しています。

天気予報、世界中の空港、1500以上のパラグライダースポット、カイトスポット、近くのウェブカメラを地図上に表示可能。

また、ウェブカメラでは、その場の映像を見ることができますので、具体的な天気の確認も同じアプリ内で可能です。

主な表示データ

  • 任意の場所において気温、風速冷却、風速、気圧、湿度、雨、積雪量などの詳細な予測
  • 任意のサーフィンやカイトスポットの詳細な風と波の予測
  • 気象観測所において観測された気象、風向、風速、気温なと

ダウンロード

App Store

Google Play

レビュー(Google Play)のまとめ

  • かなり分かりやすくて良い
  • 天気の予測精度はかなり高いと思う
  • 見やすく分かりやすい
  • 外遊びに欠かせません
  • お天気アプリならコレ
  • 台風予測に役立つ
  • 結構な確率で当たる
  • 釣りの予定に使うのに最高
  • 他の天気予報アプリよりすごい
  • 海岸の地形まで読める

レビューの文章について、語尾などを修正しています。

Windyはサイト表示もある

https://www.windy.com/

基本的にアプリのサイト版になりますので、まずはどんな情報がどのように表示されるのか確認してみるのに丁度良いでしょう。

下の映像は、サイトの基本的な情報の表示を行っています。

あなたのブログにも入れられる

ウェブサイトやブログポストに任意の場所のウィジェットを埋め込むことが出来ます。

やり方は、下記の映像をご覧ください。

ちなみに、その時作ったウィジェットを埋め込んでみました。

まとめ

体感温度 – 高精度計算サイトによると
  • 気温20度、湿度60%、風速0m/s、体感温度は、20.1度
  • 気温20度、湿度60%、風速3m/s、体感温度は、13.4度

気温による風の影響も考慮しないといけませんね。

風をリアルに見られるアプリ『Windy』は、ECMWF、GFS、NEMS、NAM、ICONなどの予測モデルに基づいて、サービス提供。
主な表示データ
  • 任意の場所において気温、風速冷却、風速、気圧、湿度、雨、積雪量などの詳細な予測
  • 任意のサーフィンやカイトスポットの詳細な風と波の予測
  • 気象観測所において観測された気象、風向、風速、気温など

ダウンロードは、App StoreGoogle Playから

Windyはサイト表示もあるので、まずはご覧ください。