Ubuntu Studio 19.04 マルチメディア・アプリがぎっしり!

Ubuntu Studio(19.04)は、64bit版のみの対応であり、映像・音楽・グラフィックなどの各種ソフトウエアをOSのインストール時に選んで、または用意されたものを全て簡単にインストールすることができます。

また、サポート期限は、2020年1月までになりますのでご注意ください。

Ubuntu Studio 19.04 デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.2)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

Ubuntu Studio 19.04 について

Ubuntuの公式フレーバーであるUbuntu Studioは、ネーミングからもわかるようにマルチメディア関連ソフトが充実しています。

ダウンロード

公式サイト

http://ubuntustudio.org/

ダウンロードページ

http://ubuntustudio.org/download/

「Disco Dingo 19.04」にある「64-bit 19.04 Direct」リンクから”ubuntustudio-19.04-dvd-amd64.iso”をダウンロードします。

インストール(VirtualBox)

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップと同じです。

※実際のインストールでは、USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動した画面で、Ubuntu Studioのインストーラーアイコンをクリックします。
  2. インストーラーが起動しますので、一番下にある「日本語」を選択します。
  3. キーボードのレイアウトで、左側「日本語」、右側は使っているキーボードを選択します(ここは日本語を選択)。
  4. アップデートと他のソフトウエアで、「Ubuntu Studioのインストール中にアップデートをダウンロードする」が選択されていると思いますので、よければ続けます。
  5. Ubuntu Studioのインストールオプションで、チェックしてあるマルチメディア・パッケージをインストールしますので、不要なものがあればチェックを外します。
  6. インストールの種類で、ここでは「ディスクを削除してUbuntu Studioをインストール」を選択(現在のハードディスクの内容が消去されますのでご注意ください)されていますので、よければそのまま「インストール」をクリックします。
  7. ディスクの書き込み確認ですので、ハードディスクなど消去したくない場合は、戻って修正し問題がなければ続けます。
  8. タイムゾーンの設定で、「Tokyo」が選択されていると思いますので、よければそのまま進めます。
  9. ここでユーザー名や、パスワード等を設定します。
  10. 数十分程度待つとインストールが完了しますので、「今すぐ再起動する」をクリックし、再起動させます。
  11. ここでインストールメディア(実機の場合はUSBメモリ等)を抜いて、エンターキーを押してください。

日本語入力

再起動後は、特になにもしなくても日本語入力ができるようになっています。

まとめ

Ubuntu Studio 19.04 は映像・音楽・グラフィックソフトが満載

サポート期限は、2020年1月まで

ダウンロードについて

公式サイトダウンロードページ

ubuntustudio-19.04-dvd-amd64.iso”をダウンロード

インストールは簡単

マルチメディア・パッケージを選んでインストールすることが可能です。

日本語入力について

何もする必要がないので、すぐにパソコンで入力が可能です。

シェアする

フォローする