システム要件

無料OS

無料OS『openSUSE Leap 15.1 Beta』…試してみた!

「openSUSE Leap 15.1 Beta」のお試しをしてみました。推奨システム要件は、CPU:2GHz以上 のデュアルコアプロセッサ、メモリ:2GB のシステムメモリ、必要ディスク容量:40GB以上。インストール用のUSBメモリの作成は「ImageUSB」を。
無料OS

無料OS『MakuluLinux 15 LinDoz』…WindowsライクなOS!

「MakuluLinux 15 LinDoz 2019.02.12」について。Windowsライクなデスクトップで、Windowsユーザーが快適に感じられるようにしており、ライブユーザー名とパスワードは、makulu / makulu になっています。
無料OS

無料OS『Netrunner Core 19.01』…シンプルなのが良い!

Debian安定版がベースの『Netrunner Core 19.01』は、「Netrunner Desktop」をスリムにしたような構成で、アプリケーションも重要と思われるものだけになっています。最小システム要件は、CPU:1.6GHz、メモリ:1GB以上。
無料OS

無料OS『Chakra 2019.01-RC3』…Plasmaにしては軽い!

Chakra(2019.01-RC3)は、Arch Linuxから分岐したセミローリング・リリースモデルのGNU/Linuxディストリビューションです。RC3版ではあるもののインストールから日本語入力設定まで、簡単に利用できるようになっています。
無料OS

無料OS『deepin 15.9』…意外と軽く使いやすい!

deepin 15.9 について、タッチスクリーンサポートの改善、電力管理の改善、デスクトップのパフォーマンスの向上が行われているようです。実際に、deepin 15.9 のメニュー操作がバージョン15.7より軽く感じ、映像を見比べてもクイック感があります。
無料OS

無料OS『Netrunner 19.01 Blackbird』導入までをサラッと紹介!

最小システム要件は、メモリ:1GB、必要なHDDスペース:10GB。インストールメディアへの書き込みは、UNetbootin で確認済み。インストールと日本語入力設定について、言語とロケーション設定、ユーザー情報設定ぐらいで、流れで簡単にインストールできます。
無料OS

無料OS『Netrunner Rolling 2018.08』…もうひとつの Netrunner!

Manjaro/Archがベースのローリングリリースモデル、KDE PlasmaデスクトップのNetrunner Rolling 2018.08、最小システム要件は、CPU:1.6GHz Intel Atom N270、メモリ:1GB、必要なドライブスペース:10GB以上
無料OS

無料OS『Manjaro 18.0.2』…ローリングリリースモデルで軽い!

Manjaro 18.0.2 Xfce デスクトップ。Arch Linux をベースにした Linux ディストリビューションで、フリーでオープン、安定したローリングリリースモデルのOSです。推奨システム要件は、1GBのメモリ、1Ghzプロセッサと軽量。
無料OS

Live USBで設定保存できる『Peppermint 9 Respin』32bit PCで!

『Peppermint 9 Respin』は、64bitと32bitの両方をサポート。今回は元Windows XPパソコンで利用してみます。システム要件(絶対必要最小限の仕様)CPU:Intel x86アーキテクチャに基づくプロセッサ、メモリ:512MB。
無料OS

無料OS『Linux Mint 19.1 Beta』…試してみる!

Linux Mint 19.1 Cinnamon BETA を試しました。Cinnamonがバージョン4.0になっており、他の変更点としては、・アップデートマネージャ・ソフトウェアソース・入力メソッド・XAppsの改善・背景コレクションの追加などが変更になっています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました