口呼吸から鼻呼吸に矯正…風邪をひかない・顔が痩せた!?

以前は20Kg以上太っていましたので、その影響なのか…

痩せたあとも、特に睡眠中は口呼吸になっていました。

ですから、朝起きると喉や口腔が乾いてしまい、すぐにうがいをしないと、耐えられない状況に…

さらに、家でも一番外出しないくせに、一番の風邪ひきでした。

ふとCMで気になった鼻呼吸テープ…

何気なく試してみて、9月下旬から、現在の2ヶ月程度、毎日つけて寝ました。

その結果、風邪をひきにくくなったようで、家族からもうつされません。

いままでは、風邪の付き合いの良さはピカイチで、ほとんど必ずお付き合いしていましたが、この2ヶ月そんなことはなく、一人だけ風邪をひきませんでした。

それに、今回記事にしようと思ったのは、鏡に映る自分の顔が変わっているのに気づいたからです。

左右のバランスが悪かったのですが、揃ってきている気がします。

厳密に測ったわけではありませんが、陰影のでき方が揃ってきました。

風邪をひかなかっただけならば、たまたまですが、顔つきも変わってきているならば、明らかに有効ではないかと思っています。

当然、口や喉は乾きませんから、最低限の目的は達成していましたので、2ヶ月続いているわけです。

鼻呼吸テープとは

ナイトミン 就寝時に貼る鼻呼吸テープ 口・のどの乾燥・いびきの音を軽減 安眠へ促します 15枚入テープにより口を閉じて、鼻呼吸へ矯正することで、いびき、口やのどの乾きを軽減してくれるというすぐれものです。

しかし、基本的な構造は超簡単で、気の利いたテープでただ止めるだけです。

ちなみに、アマゾンのレビューなどでは、概ね良い評価のようですが、悪いコメントを読んでみると、苦しくて、剥がしてしまったと言うようなものもありました。

ここは推測ですが、多分睡眠中に大きな口を開けて、いびきをかいているのではないでしょうか?

コメントした本人も、いびきはわかっていても、口の開き具合はわかりませんので、なんともいえませんが、少し開いてしまう程度なら問題ないと思います。

また、過敏な方もいて、気になって仕方がないというようなコメントもありました。

個人的には、最初は気になっていましたが、いつの間にか寝てしまい数日のうちに慣れてしまいましたので、問題ありませんでした。

鼻呼吸は最高の呼吸

先月(2017年10月)発売された『トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法』という書籍があります。

トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法オリンピックの金メダリストも実践する呼吸法とは?

「口呼吸」を「鼻呼吸」に変えただけで、

「運動パフォーマンスが上がる」
「喘息が完治する」
「リバウンドせずに体重が減る」
「疲れない体になる」
「体内のデトックスができる」
「脳卒中を防ぐ」
「睡眠の質がよくなる」

と聞いたら、あなたはどう思いますか?

<中略>

口にテープを貼って寝るだけでもOK

本書ではエビデンスをもとに解説し、適切なエクササイズをご紹介しています。

また、寝るときに口にテープを貼るだけで、寝ている間に正しい呼吸法が身につき、睡眠の質も上がると著者はいいます。

プレスリリースより

口呼吸から鼻呼吸へ矯正は、理屈やセオリーを納得してから実践したほうが、続けられると思います。

ドライマウスやいびきで悩んでいる方は、薬とは違い気軽に実践できますので、是非試してみてください。

まとめ

最近、朝起きると口腔が乾いているので、鼻呼吸テープを2ヶ月程度ですが試してみました。

その結果

  • ほとんど伝染る家族の風邪ですが、今回伝染りませんでした。
  • 鏡に映る自分の顔が変わっているのに気が付きました。
  • 当然、口や喉は乾きませんし、よく眠れます。
鼻呼吸テープを利用すれば簡単に鼻呼吸になれます。

テープにより口を閉じて、鼻呼吸へ矯正することで、いびき、口やのどの乾きを軽減してくれます。

ただし、人によって睡眠中に口を大きくあける方は、難しいかもしれません。

『トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法』という書籍によれば

「口呼吸」を「鼻呼吸」に変えただけで、運動から健康まで変わってくると言っています。

いかがでしょうか、口が乾くドライマウスの方や、いびきの方は、試してみる勝ちがあると思います。