アハ体験一覧

脳トレ『アハ体験』ムービー作成・実践編…簡単に見栄え良く!

簡単に見栄え良く作るには、「砂」「波」「森」「川」「山」「岩」などがテーマの画像、自然の素材を利用して作ることです。・変化している部分の境目がわかりにくくなる。・写真の加工・編集技術が低くてもできる。それなので、大切なのは素材選びです。

脳トレ『アハ体験』ムービーを作るVol.4…今度は拡大・縮小で!

アハ体験の今回のテーマは「拡大・縮小」です。拡大や縮小で作るのは、自然物の方が使いやすく、自然な曲線のそばにある曲線部位を、拡大・縮小することで、見ていても気が付きにくい状況になります。その反面、人工物横の部位を変化させては「アハ」とはなりにくい…

脳トレ『アハ体験』ムービーを作るVol.3…拡大・縮小ではなく伸縮!

アハ体験ムービー作成で、今回のテーマは「伸縮」です。人工物を素材にして作るときは、拡大・縮小ではなく「伸縮」させることで、よりアハ体験ムービーとして、完成度が高くなると思います。アハ体験は、だまし絵のように、「え!?」という感じが必要だと考えます。

脳トレ『アハ体験』ムービーを作るVol.2…変化させる!

アハ体験、今回のテーマは色の「変化」。動画の編集では、フェードでもかまいませんが、できれば透明度の変化を設定できるソフトで作ることです。また色の変化で重要なのが、素材の色をきちんと変えた画像の用意と「変える色」「変えたあとの色」の選択。

脳トレ『アハ体験』ムービーを作る…YouTubeやSNSへ!

アハ体験とは、ひらめいた時の「ああ、そういうことか!」という感覚。アハ体験ムービー(物体移動ケース)の良い例と悪い例について、良い例は、編集作業において移動処理で作成すれば、わかっていても見つけにくくなり、答え合わせをすると「アハ」となる。悪い例は…