カフェハラもあるのか…増え続けるハラスメント?

少し前にカフェハラの記事を読んで、思い出した苦い経験が有ります。

当時、役職に付いたばかりで、取引先の担当者の上役が挨拶に訪れました。

何度か会ったことのある方だったので、自分にできる最大限のおもてなしと思って、本来お茶しかださないところなのですが、コーヒーを出してもらいました。

話をしながら、ふと気がつくと、ミルクと砂糖をガバッと入れて、ササッと3口位で飲んでしまっていました。

それを見て、あー嫌いか…何かの理由で本当は飲めなかったのだと思ったのですが、言わないほうが良いだろうと思って、何事もなく過ごしました。

その時、自分や多くの人が好きでも、嫌いな人や何かの理由で飲めない人がいるのだなと反省したものです。

この件は、訪問された取引先の担当の上司が、こちらでコーヒーを出したときに、前任者よりも高待遇と思ってくれたので、黙って飲み干してくれたのだと思います。

いわゆる気持ちに対して、気持ちで答えてくれた…

勝手に美談にするな、カフェハラだという方もいるかもしれませんが、そもそもハラスメントとはなにかを確認してみたいと思います。

そもそもハラスメントとは

ここでは、ハラスメントの単語としての意味を見てみたいと思います。

嫌がらせ。いじめ。(デジタル大辞泉)

嫌がらせ。(大辞林 第三版)

ザックリと言えば「嫌がらせ」ということです。

英語にすると軽い印象?

個人的な印象になりますが

嫌がらせ > ハラスメント > ハラ

となっているように感じてしまいます。

「ハラ」は軽い感じで言いやすいので、被害を受けたほうが「○○ハラ」を受けたと申し出やすいかもしれません。

しかし、あまり「○○ハラ」と色々な「ハラ」を作ってしまい、それ「○○ハラ」、これ「○○ハラ」では、ねえ「ハラ」ってなんだっけ…みたいなことになる人もいるかもしれません。

ハラスメントは「嫌がらせ」とはっきり分かるほうが良いと思うのですが…

学校の「いじめ」や「嫌がらせ」がなくならないわけだ

学校の「いじめ」がなくならないと良く聞きますし、色々なニュースも飛び込んできます。

いつまでたっても「いじめ」問題が片付く気配もなく、どんどん陰湿化していってしまいます。

そもそも、大人が自分たちの「嫌がらせ(ハラスメント)」問題をまともに解決できないのに、子供の「いじめ」問題が解決出来るはずもありません。

子供にラーメンの食べすぎは良くないと言っているそばで、自分はカップラーメンを食べているようなものです。

今後、子供と大人も一緒に「いじめ」や「嫌がらせ」は禁止キャンペーンなんてやってはいかがでしょうか?

特に大人には「ハラスメントは嫌がらせ!」って言葉が欲しいと思います。

まとめ

増え続けるハラスメント…被害もそうですが「○○ハラ」が増える

ハラスメントとの単語としての意味を調べると
  • 嫌がらせ。いじめ。(デジタル大辞泉)
  • 嫌がらせ。(大辞林 第三版)

ここでは一応「嫌がらせ」として進めます。

英語にすると軽い印象になるような気が?

ハラスメントは「嫌がらせ」とはっきり分かるほうが良い

学校の「いじめ」や「嫌がらせ」がなくならない

自分たちの「嫌がらせ(ハラスメント)」問題をまともに解決できないのに、子供の「いじめ」問題が解決出来るはずもありません。

人間の本質なのかもしれませんが、ドウ考えても大人が先に直すべきでしょう。

シェアする

フォローする