IT・サイエンス一覧

AIカメラアプリiPhone用『Microsoft Pix』…しかも無音可!

AIを搭載したiPhoneカメラアプリ『Microsoft Pix』。10フレームのバーストをキャプチャし、AIを使用してベストショットを選択します。バースト全体のデータを使用してノイズを除去し、インテリジェントに顔を明るくし、肌を美しくし、写真の色合いの調整を約1秒で行ないます。あなたはただシャッターを押すだけ。

WindowsからUbuntuへ実際に乗り換えた結果…約2ヶ月後!

Windowsから無料OSであるLinuxなどへ、2ヶ月程度使った感想。デメリットは、音声合成エンジン関連で、軒並みソフトが使えなくなりましたが、オンラインサービスで、良い物があり、以前よりも高レベルになりました。メリットは、無料ということと、セキュリティについてで、それが最大のメリットであると思います。

誤送信の防止対策で『Gmail』を使おう…送信後に取り消せる!

誤送信…なぜか、送信直後に気がつくことが多い。『Gmail』は送信直後に最大30秒の取り消し時間を与えてくれます。現在は、WEB(パソコン)版とiPhone アプリ版のみの対応です。Androidは、送信取り消し機能を使用できませんが、「送信前に確認する」をオンにすると、メールを送信する前に確認ページが表示されます。

ボイスメモ無料アプリ『レココ』…録音しながら自動テキスト化!

ボイスレコーダーで録音してはみたものの、聞き返すのも大変で、重要なところだけを聞けばいいやと思っても、その重要なところも見つからない…ボイスメモ『レココ』がボイスレコーダーの問題を一気に解決。録音しながら、リアルタイムで自動テキスト化。聞き直したいところは、書き起こされたテキストをみて、簡単に聞き直すことができます。

炎で癒しやセラピー効果…リアルな音と映像の『焚き火』アプリ!

『焚き火』アプリで、いつでもどこでも手軽に焚き火。リアルな映像と音声で、火の魅力を味わえます。薪を補給することで『焚き火』を楽しむことができます。高感度4K撮影された炎は、リアルで高品質。心地良い音を立てて燃える薪は、心を落ちつかせてくれます。また、炎の揺れは、1/fゆらぎ 効果があります。

救急受診アプリ「Q助」…救急車を呼ぶべきかを判定、消防庁からリリース!

タクシー代わりに救急車を使う人がいる一方、本当に必要なケースで、躊躇してしまうことも…そんな時は、消防庁からリリースされた 救急受診アプリ「Q助」が役に立ちそうです。「Q助」は、該当する症状などを選択していくと、緊急度に応じた必要な対応が表示され、その後、内容によって、119番通報などができるようになっています。

ミニチュア模型のようにプラモデルを組み立てる『プラトモ』でコレクションする!

モノの構造を意識しながら、プラモデルを組み立て、ミニチュアハウスを作り上げる。玄関から始まる12の部屋には、それぞれ5このプラモデルがあり、合計60個のプラモデルを組み立てます。このアプリは、プラモデルを組み立てる楽しみに、ミニチュア模型のコレクションをプラスした面白さが新鮮に感じました。

無料OS『KaOS 2017.09』…Windowsからの乗り換えもいける!

KaOSは、ローリング・リリースシステムを採用しているディストリビューションです。システム要件は、HDDのスペース:最小限の容量は8GB、25GBを推奨。RAMは1GBあればインストール可能、2GBであれば十分。CPUは64ビットのみ対応。また、インストールは日本語でできません。インストール後に日本語化します。

簡単に電子書籍を出版…EPUB作成サービスであなたも作家に!

無料でできる出版サポートサービス『Romancer』。初めて電子書籍を出版するなら、利用したほうが早いでしょう。原稿は、WordやPDF、画像等で、それぞれの出版物にあわせて対応できます。基本的に無料で利用可能、各種サポートが有料サービスになっています。電子書籍は、Kindleストアや楽天Koboなどで販売もできます。