無料OS一覧

USBメモリからLinux等の無料OSが起動しない…いまさら聞けない初歩からの確認!

USBメモリからの起動には5つの壁があります。種類の壁:OS(iso)ファイルの種類。正確の壁:ファイルの正確性。有効の壁:ブータブルUSBメモリ作成ツールの有効性。設定の壁:BIOS(UEFI)の設定。仕様の壁:システム要件。このあたりを抑えておけば、USBメモリから起動できるはずです。

Raspberry Pi Desktop…インストール・日本語化・日本語入力まで!

Raspberry Pi Desktop OSのインストールから日本語入力まで。USBメモリから立ち上げたら、メニューの「Graphical install」を選択します。流れ通りに進めていけば問題ないでしょう。インストールが完了したら、USBメモリを抜いて再起動。次は日本語化から日本語入力について、一気にやってしまいます。

Lubuntu 17.10…インストール・日本語化・日本語入力は超簡単!

『Lubuntu 17.10』をUSBメモリに入れて、パソコンを起動したところから始めます。言語の設定画面で、日本語を選択。メニュー画面で「Lubuntuをインストール」を選択。流れに乗っていけば簡単にインストールが完了します。また、すでに日本語入力もできる状態になっています。

無料OS『Lubuntu』…インストール用USBメモリの作り方とPC設定!

インストール用USBメモリの作成方法。フリーソフト「UNetbootin」を用意します。「ディスクイメージ」にしてisoファイルを設定し、USBメモリのドライブを指定します。最後にOKボタンを押して、出来上がるのを待つだけです。そしてこちらが本題で、インストールするパソコン側の設定。

無料OS『SwagArch』…軽い・おしゃれ・いい感じ!

パット見は、茶系の背景画なので渋い印象なのですが、ポップなアイコンとXfceデスクトップ環境で、使ってみた感じ、とても好印象でした。,SwagArchはArch LinuxベースのGNU/Linuxデスクトップディストリビューション。Xfceデスクトップ環境、Calamaresグラフィカルシステムインストーラ、Arch Linuxと100%互換、ローリング・リリースモデル。

無料OSの入った「起動用USBメモリ(設定保存可)」のクローン簡単作成!

「dd」コマンドでクローンUSBメモリを作る。コピー元になるUSBメモリとクローンを作るUSBメモリを用意してください。端末に以下のコマンドを入力して、エンターキーを押してください。USBメモリのサイズが異なるようにして、ポートを確認すればわかりやすくなります。

USBメモリに『無料OS』をインストールして作る安心PC環境!

パソコン、OS、データHDDなどを別々にセットしたパソコン環境をつくる。1.ノートパソコン 2.USBメモリOS 3.データ保存用外付けHDD 4.大型ディスプレイ 5.キーボード 6.マウス。これで、パソコン自体はこわれても、全く問題ありません。3番のデータ保存用外付けHDDだけ生きていれば、あとはすべて代替可能です。