アイキャッチ画像や挿絵に…アプリで簡単漫画風!

最近は、アイキャッチ画像にできるようなイメージ画像もマンネリ化してしまい、選ぶのに時間がかかってしまっています。

同じようなテーマの記事が多くなれば、さすがに同じカテゴリに使える画像も、だんだん質が落ちるか、イメージから離れていってしまうかです。

そして、記事の内容に時間を取られるなら仕方がないと思いますが、アイキャッチ画像などの編集に時間を取られていては、本末転倒になってしまいます。

そんな時、ちょっと面白い無料アプリを、イメージ作成に使ってみたいと思います。

『漫画コミックカメラ』アプリで画像を差別化

古くからあるiPhoneアプリですが、ちょっとインパクトのある漫画チックな画像を、簡単に素早く作ることが出来ます。

まずは、元の画像と編集した画像をいくつかご覧ください。

以下は元の画像

以下は元の画像

どちらの画像についても、作成時間はほんの1〜2分程度で出来てしまいます。

使ってみるとわかりますが、ちょっとした操作で、インパクトのある面白い画像が、簡単に出来上がります。

『漫画コミックカメラ』を何も考えずに使ってみる

使い方も簡単で、何も考えずに使ってみましたので、操作の映像をご覧ください。

一度使えば、スグに理解できる操作なので、大切なのはあなたのセンスだけです。

『漫画コミックカメラ』の特徴

  • 無料の漫画カメラアプリ
  • カメラで撮影したり、保存してある画像を加工できます
  • 文字を付けたり、範囲を選んで背景処理
  • 何十種類もの背景フィルタと、効果音などの描き文字を自由に組み合わせられます
  • 出来上がった画像は、保存したり、SNSへの共有が可能
  • 互換性:iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

ダウンロード

App Store

脇役ではなく主役にするのも良いかも

アイキャッチ画像や挿絵として使うだけでは、モッタイナイぐらいの画像ができると思います。

『漫画コミックカメラ』で作った画像自体を、コンテンツにしても面白いと思います。

1枚の漫画として、ニュースネタを画像にする

これって、ちょっとやってみたい気がします。

今日の1枚、今日の一言…なんて感じで作ってみたいです。

ちょっとした動画から静止画をチョイスして、漫画として加工する

面白い動画を使って、面白い漫画を作るのは簡単そうです。

自分で撮った動画を漫画にしても良いでしょう。

写真を組み合わせて、4コマ漫画を作る

4コマ漫画は、意外に手間がかかるかもしれませんね。

コツをつかむまでは、画像を選ぶの時間が必要でしょう。

こんな感じで、脇役ではなく主役として『漫画コミックカメラ』のコンテンツを、利用してしまうのも良いかも知れません。

とにかく、編集に技術がほとんど必要ではないので、センスがあれば面白いコンテンツが作れます。

まとめ

漫画チックな画像を、簡単に素早く作成

iPhoneアプリ『漫画コミックカメラ』の特徴
  • 無料の漫画カメラアプリで、カメラ撮影した写真、保存してある写真を編集加工できます。
  • 文字を付けたり、範囲を選んで背景処理ができ、何十種類もの背景フィルタと、効果音などの描き文字を自由に組み合わせられます。
  • 出来上がった画像は、保存したり共有できます。

また、このアプリで作った画像自体をコンテンツにしても、それなりにウケを狙えるようなものができるでしょう。

  • 1枚の漫画として、ニュースネタを画像にする
  • 動画から静止画をチョイスして、漫画として加工する
  • 写真を組み合わせて、4コマ漫画を作る

センスがあれば面白いコンテンツが作れます。

iOS 8.0以降のiPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

ダウンロード

App Storeから