自分の写真を主張する…ウォーターマークを一括挿入!

最近はスマホで写真が身近になり、SNSで公開する場も多く、常時ギャラリーを展開することができます。

そうなるとコピーやダウンロードされ、勝手に公開されるのが困るようなケースも出てくるでしょう。

そんな対策にロゴ等を入れている人もいるようですが、写真が良い割に手抜きに感じるロゴなどもあります。

また、単にロゴの画像を貼り付けただけになっており、写真の邪魔になって残念な作品になることも……

ウォーターマークで作品に邪魔をしない

著作権などを主張するためにロゴを貼り付けるのは分かりますが、絵画に入れるサインのように”さり気なく”入れたいものです。

はっきりしたロゴは目立ちすぎ、小さすぎるロゴでは、ゴミのようになってしまいます。

これでは写真の邪魔になり、本末転倒になります。

どうせロゴなどをいれるなら、半透明の目立たないけど、しっかり存在をアピールできるウォーターマークが良いでしょう。

『WaterMarker』なら透過率を随時変更可能

写真によっては、ウォーターマークの透過率を変更できるのは都合が良いでしょう。

そもそも透過する必要が無いようなケースや、透過率をあげないとごちゃごちゃしてしまうようなケースもあるでしょう。

良い作品にするならば、一律同じ透過率よりは融通が効くほうが良いでしょう。

もちろん、Photoshopなどのソフトならば、細かな設定も可能ですが、お手軽とは言えません。

『WaterMarker』フリーソフトの特徴

  • ウォーターマークを複数の写真などに一括挿入も可能
  • シンプルなインターフェイスで、必要最小限の機能により誰でも簡単に利用可能
  • マークの挿入後は、元画像と同じ場所に自動的に保存
  • マーク挿入の位置、透過率、縮尺を簡単に設定可能(自動保存)
  • Exif情報から画像を回転させる機能有り

気になる点がひとつありますが、プレビューできないことですね。

ただ、非常に簡単にマーク挿入できるので、確認も簡単ですから、あまり問題ではありません。

操作方法

  1. ウォーターマークを選択
  2. 位置、透過率、縮尺を設定
  3. 画像をドラッグ&ドロップ

これだけで、ウォーターマークを簡単に挿入することができます。

対応OS

Windows 10/8/7
動作に必要なソフト:.NET Framework

ダウンロード

Vectorより

https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/art/se519879.html

まとめ

邪魔をしないウォーターマークの簡単挿入

すかしロゴで、半透明で目立たず、しっかり存在をアピール

『WaterMarker』の特徴
  • 複数の写真などに一括挿入
  • シンプルなインターフェイス
  • 必要最小限の機能で簡単利用
  • マーク挿入後は元画像と同じ場所に自動保存
  • マークの位置、透過率、縮尺を簡単設定
  • 設定内容は自動保存され次回以降も利用可能
  • Exif情報で画像を回転させる機能有り
対応OS

Windows 10/8/7

ダウンロード

Vectorより

シェアする

フォローする