ステレオグラム

ちょっとした知識

なんちゃってステレオペア(ステレオグラム)動画を作ってみた!

横回転でも出来た(なんちゃって)ステレオペア動画。作り方は簡単で、ポイントは動画における時間差を視差として、擬似的に利用することで立体的に見せることです。なので、素材選びでほぼ決まってしまいます。
ちょっとした知識

ステレオグラムって何…交差法と平行法で立体視ができる!

ステレオグラムって何なの?騙し絵のようなもので、立体視することで浮かび上がってきます。立体視するには、平行法と交差法があり、人によりますが交差法は寄り目のイメージですので、やりやすいと思われます。平行法ができない場合は?解消できるかもしれない方法があります。
ちょっとした知識

くっきり見えるステレオグラム…素材の具体的な探し方・選び方!

具体的な素材オブジェクトについて、探し方や選び方のポイント。「Pixabay」などからオブジェクトになるフリー画像をダウンロードします。キーワードは、シルエット。シルエットは次のようなタイプを選択すると綺麗にクッキリしたステレオグラムができます。
ちょっとした知識

ステレオペア(ステレオグラム)をPC上で簡単作成!

ステレオペアとは、2枚の画像を横に並べた形のステレオグラムで、右目用と左目用と視差のある2枚の画像を使い、左右を入れ替えることで、交差法、平行法と見方を変えることが出来ます。画像や写真からPC上で作ることも可能。今回は簡単な作り方を紹介します。
Windows関連

ステレオグラム作成フリーソフト『StereoPict』で簡単作成!

2種類のステレオグラムを簡単作成。まずは、ランダムドット・ステレオグラム(RDS)を作ってみる。1.「オブジェクト」を選択。2.「ガイド」をクリックし、「ガイドを表示する」にチェック。3.「RDS」タブをクリックし、「実行」でRDSが出来上がり。
Windows関連

視力回復するのか?…ステレオグラムをソフトで作成してみる!

ステレオグラムは、左右の見え方の違いである視差を利用して、平面にある画像を立体的に認識させます。ステレオグラムで立体視する方法は2種類あり、平行法と交差法があります。フリーソフト『StereoPict』で、簡単に2種類のステレオグラムを作成可能。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました