爪が最近よく割れるんだけど…冬だから?歳のせい?

最近やたらに爪が割れる気がするのですが…

寒い季節だからでしょうか?

それとも、単に年齢を重ねて爪がもろくなったのでしょうか?

こんなふうに思っている人、結構多いのでは?

そもそも爪とは

爪って、何でできているのでしょうか?

硬いから、骨と同じような感じ?

それとも、指先にくっついていて半透明みたいだから、皮膚が形を変えたものかな?

爪(つめ)は、有羊膜類の指の先端の背面にある表皮の角質が変化し硬化して出来た板状の皮膚の付属器官である。

–中略–

爪の下部には毛細血管が集中しており、爪は血液の健康状態に影響され易い。
爪は主にタンパク質の一種であるケラチンから構成されている。

含水量は12%〜16%、脂肪量は0.15%〜0.75%程度である。その水分量は外界の環境に左右され、冬の季節等の乾燥期には、硬く脆くなる。

環境による爪の水分の変動は、要因によって5%〜24%まで変動する。

例えば、爪が化学薬品(マニキュアを含む)等に接触し、脱脂、脱水状態に継続的に晒されると水分量を失い、表面が荒れて極端に脆く割れ易くなる事がある。

Wikipediaより

爪は皮膚が形を変えたものということならば、皮膚のケアが必要ということになりますね。

爪が割れる原因は?

前述の説明によれば、爪が割れる原因は以下のとおりです。

  • 乾燥
  • 脱脂・脱水
  • 健康状態の悪化

普段は洗い物などで、爪が脱脂状態にあっても特に割れやすくないと思いますが、冬場には乾燥が加わって、割れやすくなることもあるようですね。

さらに、歳を取ることで、何らかの健康や栄養の問題がでれば、爪に影響が出ることもあり、「冬だから?」「歳のせい?」というのも満更間違えではないようです。

どうすれば割れない

先程の爪が割れる原因の理由をみると

  • 乾燥 ← 季節などにより
  • 脱脂・脱水 ← 化学薬品などにより
  • 健康状態の悪化 ← 栄養不足などにより

自分でコントロールできる部分は、化学薬品などによる脱脂・脱水と、健康状態を悪化させないことになります。

脱脂・脱水対策

もちろん、爪を痛める事をしないで済むなら良いのですが、なかなか都合よくは行かないでしょう。

「除光液を使わない」「洗い物をあまりやらない」ということではなく、どうケアしていくかということになると思います。

単純に不足したものをクリームなどで補うことにより、対応を取ることができますので、割れやすくなった原因を自身で確認し対処しましょう。

健康状態の悪化対策

栄養のバランスを考えた食事をすることや、無理なダイエットなどで体調を崩すことがないように注意しましょう。

爪に必要な栄養は、タンパク質とビタミンA、ビタミンB、ビタミンDも必要と言われますが、基本的に皮膚の延長と考えればよいでしょう。

ただし、単に栄養バランスなどではなく、何らかの病気ということもありえますので、安易に判断しないようにしてください。

まとめ

そもそも爪とは、表皮の角質が硬化した皮膚の付属器官

爪が割れる原因と対策
  1. 季節や環境による乾燥(冬場など)
  2. 化学薬品による脱脂・脱水(洗剤、除光液など)
  3. 栄養不足などによる健康状態の悪化(栄養の偏り、ダイエットなど)
  4. 病気など

個人が自分で対処できるのは、ここであげた原因からみますと、2の脱脂・脱水対策、3の健康状態の悪化対策になります。

脱脂・脱水対策

不足したものをクリームなどで補うことでとりあえず対処可能ですが、原因がわかっていれば、爪や手の皮膚のコンディションに注意することで、軽減できそうですね。

健康状態の悪化対策

爪に必要な栄養は、タンパク質とビタミンA、ビタミンB、ビタミンDですが、バランスのとれた食事を心がけ、ダイエットなどでは栄養が偏らないように注意しましょう。

なお、何らかの病気ということもありえますので、安易に判断しないようにしてください。

シェアする

フォローする