悩めるあなたに『聞いてよ!クマさん』…嫌なことはアプリで解消!?

これは自身の体験談で、小学校の頃に転校したんですが、挨拶の時に生意気な奴だということで、クラス中から嫌われ、そのクラスの中心の子ら3〜4人に、遊びという形の暴力的なイジメを受けていました。

反撃のチャンスはあるのですが、やり返すと倍になってかえってきます。

そのうちやられぱなしになってしまうのですが、なにせクラスの嫌われ者ですから、誰も助けてくれません。

そんな状態でしたので、1ヶ月もすれば、何も言えなくなり、結果的に誰にも相手にされなくなりましたので、ある意味ホッとしました。

そんな中、半年以上たった頃、新しく転校生がきたのですが、そのクラスは転校生に対して印象が悪いらしく、可哀想なことに、その子も嫌われ者に…

嫌われ者同士ですから、グループになる必要があるときは、2人で一緒になることが多くなり、なんとなく仲良くなって、色々と話をするようになりました。

今思えばですが、悩みを話せる仲間が出来たので、救われた気がしていたのだと思います。

ということで、大変に前置きが長くなってしまいました。

悩みを抱えるあなたに、もし相談相手がいないなら、クマさんが適任かもしれません。

『聞いてよ!クマさん』はこんなアプリ

まずは、どんなアプリか画面をキャプチャーしたので、映像を見てください。

人によるけど…悩み解消と癒やしのアプリ

絵本の中のクマさんに悩みを聞いてもらい、悩みを書いた紙を消滅させてもらいます。

消滅させる方法は、以下のやり方がありますので、あなたがもっとも無くなるイメージを持てる方法を選ぶと良いでしょう。

  • 魚釣りをする
  • 悩みくじとして結ぶ
  • りすにあげる
  • 火に投げて燃やす
  • 破いて捨てる
  • ヤギに食べてもらう

システム要件

iOS9.0以上

※iPhoneXおよび、iPadにつきましてはディスプレイの比率の関係上、上下および両サイドがカットされて表示されますが、動作に関しては問題ありません。

ダウンロード

ストレス解消・癒やしのアプリ「聞いてよ!クマさん」

App Store

『聞いてよ!クマさん』3つのポイント

よく出来たアプリで、癒やしのアプリという雰囲気ですが、3つのポイントがあります。

悩みを文字にすると具体的に見えてくる

悩みや問題を文字にすると、何に困っているのかはっきりと見えてくる場合が有ります。

たとえば、「会社が憂鬱だ」とした場合、会社の何が嫌なのかを見極める必要が有ります。

  • 上司が嫌なのか?
  • 同僚が気に入らないのか?
  • 仕事の内容が不満なのか?

このようなことがはっきりしないと、どう対処していいのか、自分でもわからないと思います。

多分複合的に嫌になっているとは思いますが、一番の問題がクリアされれば、他が好転することも有ります。

文字にして、書き出すことで、問題点をはっきりさせることができると思います。

一人で悩むより、人に聞いてもらうとすっきりする

自身の体験談にありましたように、悩みを話せる人がいるだけで、随分気持ちが楽になりました。

イジメにあったことが無い方は、わからないと思いますが、意外と他人や先生、家族に相談出来ないものです。

結局、一人で抱えて、どうにもならなくなってしまうので、自分はある意味ラッキーだったのかも知れません。

それなので、悩みを聞いてもらい、共感してもらう事ができれば、何よりの救いになるでしょう。

嫌なことを消滅させるイメージを持つことは有効だ

スポーツ選手などは、最近イメージトレーニングについて、TVなので話すことが多くなっていると思いますが、ライバルに勝つイメージを持って、試合などに挑むと言っています。

『聞いてよ!クマさん』では、クマさんが悩みを書いた紙を消滅(処分)させてくれます。

紙の消滅とともに、悩みごとが無くなるイメージをしましょう。

ちなみに「紙に書いて燃やす」のは、書籍でも書かれている

以下の書籍にも「紙に書いて燃やす」方法が書かれています。

素直になりたい! あなたのための本

著者: ワタナベ薫

「嫌な気持ちは紙に書いて、燃やす!」

さらに、信頼する人にその嫌な思いを聞いて、共感してもらうと良いと書かれています。

「ムカッとくる怒り」がスーッとおさまる本

著者: 植西聰

「思いを紙に書いて燃やす」

紙に書いて燃やすことで、その気持ちに整理をつけるとのことです。

「幸運グセ」をつけるちょっとスピリチュアルな方法

著者: 中野裕弓

「紙に書いて燃やす」

燃やすことで、「恐れ」は灰になっていく…そのようにイメージすることですね。

まとめ

人によるけど…悩み解消と癒やしのiPhoneアプリ

絵本の中のクマさんに悩みを聞いてもらい、悩みを書いた紙を消滅させてもらいます。

ダウンロード

App Store

  • 悩みを文字にすると具体的に見えてくる
  • 一人で悩むより、人に聞いてもらうとすっきりする
  • 嫌なことを消滅させるイメージを持つことは有効
『聞いてよ!クマさん』では、クマさんが悩みを書いた紙を消滅(処分)させてくれます。

書籍にも「紙に書いて燃やす」方法が書かれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする