日本語入力

無料OS

無料OS『Debian 9.4』Xfceで軽く使う!

安定版Debian 9(stretch)の4番目のアップデート『Debian 9.4』。最小システム要件、CPU:Pentium 4 1GHz、メモリ:256MB(推奨1GB)、空きディスク容量:10GB。インストールは、通常の倍以上のステップがあります。
無料OS

無料OS『Ubuntu Studio』16.04.4…インストールは簡単!

USBメモリへの書き込みは、UNetbootinにて行いライブ起動出来ています。また、このOSのインストールは、ほとんどが「続ける」を選択するだけで、インストールが完了。さらに、インストールが終われば、自動的に日本語入力できるようになっています。
無料OS

無料OS『Fedora』…簡単インストールと日本語入力!

インストールは簡単で、流れ通りに進めれば終わりますが、自分で再起動する必要があります。日本語入力も再起動後のWelcom画面で、そのまま設定できますが、デフォルトでの日本語入力切り替えは「Windowsマーク」+「スペース」キーになります。
無料OS

無料OS『Peach OSI』…日本語化と日本語入力は簡単!

Peach OSIを日本語設定してインストールしたけれど…再起動後にメニューなどは、英語のままでした。まずはアップデートから、そして日本語化、Applications > Settings > Language Support の順で日本語設定へ…
無料OS

無料OS『Maui Linux』…インストールから日本語入力まで!

Maui Linuxについて、ダウンロードからインストール、そして日本語入力まで。ダウンロードは公式サイトから。メモリへの書き込みは、UNetbootinにて作成し、ライブ起動できます。インストールは、一度記事を読めば、迷うような設定はありません。
無料OS

『elementary OS』日本語化と日本語入力…これで使える!

elementary OSを日本語設定してインストールしたけれど…再起動後にデスクトップ表示やメニューなどは、英語のままでした。まずは「AppCenter」でアップデートしてから、Language & Region を開いて日本語設定を行います。
無料OS

無料OS『Xubuntu』インストールは簡単…軽めですぐ使える!

Xubuntu16.04.3 LTS(長期サポートリリース版)のインストール。USBメモリへの書き込みは、UNetbootinでOK。また、インストールメディア(USBメモリ)から起動し、インストールするだけで、日本語化と日本語入力が完了します。
無料OS

無料OS『Kubuntu17.10』…簡単インストールで日本語入力まで一気に!

Kubuntu 17.10の既知の問題について、確認の上インストールしてください。USBメモリへの書き込みは、UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動できます。また、インストールするだけで、日本語化と日本語入力が一気に完了します。
無料OS

無料OS『Freespire 3.0』…インストールから日本語入力!

Freespire 3.0のUSBメモリへの書き込みは、UNetbootinで問題なくライブ起動出来ています。また、インストールはとても簡単で、流れに乗って進めれば、簡単に終了。注意点としては、インストール後の再起動では、日本語化は完了しません。
無料OS

無料OS『MakuluLinux』…インストールから日本語入力!

「MakuluLinux 14 LinDoz 2018」のインストールから日本語入力までを取り上げます。USBメモリへの書き込みは、UNetbootinにて作成。実際にUSBメモリに入れてライブ起動させた場合と、VirtualBoxで起動させた場合と異なります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました