日本語入力

無料OS

CentOS 8.1.1911…インストールから日本語入力!

「CentOS-8.1.1911-x86_64-dvd1.iso」ファイルを利用して、インストールから日本語入力まで。インストールはパソコン環境によるでしょうが、1時間程度はかかりました。日本語入力は初回起動時の設定で行っていれば、特に問題ないでしょう。
無料OS

Nitrux 13012020…拡張されたPlasmaでわかりやすい!

Nitrux 13012020 のインストールと日本語入力。今回は「nitrux-stable-amd64_13012020.iso」をインストール。デフォルト設定ならば、ユーザー名とパスワード程度の入力。あとは「次へ」などのクリックで簡単に終了します。
無料OS

Linux Lite 4.8 Final…Windows ユーザーを意識したOS!

Linux Lite 4.8 Finalについて、インストールと日本語入力設定。今回は「linux-lite-4.8-64bit.iso」64ビットのISOファイルを利用。最小システム要件は、CPU:1GHzプロセッサ、メモリ:768MB。
無料OS

Q4OS 3.10 Centaurus…Trinityデスクトップは超軽量!

Q4OS 3.10 Centaurus Trinity デスクトップ版のシステム要件は、非常に低く、CPU:300MHz、メモリ:128MBなので、VirtualBox上でメモリを変えてテストしてみました。実機ですと異なるとは思いますが参考にしてください。
無料OS

Q4OS 3.10 Centaurus…Plasmaデスクトップでも軽い!

Q4OS 3.10 Centaurus は、Debian 10.2 Buster がベースで、少なくとも2024年7月までサポートされます。システム要件は、Plasmaデスクトップであっても低いので、Windows VistaあたりのPCでも大丈夫です。
無料OS

ExTiX Deepin 20.1 … インストール後の日本語入力の設定!

ExTiX Deepin 20.1 の日本語入力の設定。ここでは日本語入力について「fcitx」をインストールします。コマンドで行う方が簡単なので、ターミナルからコマンドで行ないます。2つのコマンド入力で完了。あとは、ログアウト・ログインすればOKです。
無料OS

Feren OS 2019.12…KDE ​​Plasma版ができ Cinnamon版は「Classic」へ!

Ferenが2つへ「KDE ​​Plasma」デスクトップ版の『Feren OS』と「Cinnamon」デスクトップ版の『Feren OS Classic』(いままでの継続)になります。今回は、Classic について、インストールから日本語入力設定まで確認しました。
無料OS

Peppermint 10 Respin(20191210) … 古いパソコンでも動く!

Peppermint 10 Respin のインストールと日本語入力。Ubuntu 18.04 LTSベースのOSで、32bitと64bitパソコンに対応しています。インストールは簡単で、言語の選択とユーザー情報の入力以外は、何回かクリックするだけで完了します。
無料OS

Endless OS 3.7.5…インストールと日本語入力について!

Endless OS 3.7.5 のインストールには「eos-eos3.7-amd64-amd64.191202-194756.base.iso」ファイルを利用。ここでは、ライブ起動後のデスクトップにある「Reformat」アイコンからインストールしています。
無料OS

Endless OS 3.7.5…Live USB で設定保存や日本語入力も可能!

Endless OS 3.7.5 は、スマートフォンのようにシンプルで、簡素化されたデスクトップ環境です。Etcherを利用してLive USBを作成しただけですが、日本語入力を含めた設定保存が可能でした。なお、日本語入力は別途設定が必要です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました