勧誘・詐欺・迷惑電話の対策は、費用対効果を考え撃退!

イエデン(固定電話)が鳴るたびに、留守電になっているので耳を澄まして、誰かを確認する毎日に、へとへとです。

出てしまえばいいのでしょうが、しつこいセールス電話には困っており、いくら忙しいので、切りますと伝えても、次々とセールストークを繰り出してきて、切らせてもらえません。

そんな電話は、切ってしまえという方もいると思いますが、電話番号を先方が知っていると思うと、今後いやがらせで、無言電話をされてもと思って、中々勝手に切ることができません。

先方もそのことが分かっているのか、切らないと思い電話を続けられて、本当にイヤになります。

中には、こちらに脈が無いと思うと、いきなりガチャと切られて、すごく気分が悪くなることもあり、固定電話はいらないとすら思ってしまいます。

かといって、固定電話を解約できない

固定電話は、社会で生活していくには、あった方が信用や安心があります。

あなたが、もし車で全面的に相手が悪い事故にあい、相手が携帯電話の番号しか知らせなければ、不安になると思います。

当然、家の固定電話の番号を教えてもらうと思います。

もし、固定電話を持っていないと言われたら、携帯の番号を変えて逃げられそうなきがしませんか?

もちろん、車やいろいろな情報から探せますが、不安であることには違いがありません。

ですので、逆に自分が事故を起こしたりした場合、固定電話がないと、会社の電話番号を教えてくれとなってしまい、事がどんどん大きくなってしまいます。

色々考えると、やはりまだ固定電話は必要という結論になります。

高齢者のひとり住まいは対策が必要

高齢者の親と同居していれば、何かあればわかりますが、離れて住んでいる場合は、電話の被害にあいやすく、言うまでもなく、詐欺などのターゲットにされてしまいます。

しかし、社会や家族との連絡手段である固定電話をやめさせることは、逆に社会から孤立させることにもつながりますので、うかつに解約もできません。

ならば、携帯電話を持たせるとしても、同居しているならば、教えてあげることもできますが、別居の場合は、なかなかうまくはいかないでしょう。

さらに、高齢者仲間との連絡も、携帯に番号が変わるので、連絡を取る可能性のある人全員に知らせるもの大変ですし、相手もきちんと対応してもらえるかも疑問です。

コストをあまりかけずにできる対策は?

迷惑電話の番号を自動で共有する…ある意味gmailのスパム判定のようなサービスがあるようですが、毎月のコストや初期費用が馬鹿になりません。

また、既存のサービスで

  • NTT東西、ナンバーディスプレイは、月額400円
  • 非通知着信拒否ができるナンバーリクエストは、月額200円
  • 迷惑電話お断りサービスは、月額600円
  • 各工事費は2000円ですが、一緒に申し込めば2000円の可能性あり

これらをすべて契約すれば、月に1200円のランニングコストになってしまいます。

そんななか、比較的お手軽で、コストもかかりますが、納得ができたので、ご紹介します。

ナンバーディスプレイ契約が必要ですが、たぶんもう入られている方が多いのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

もし、加入済みなら、単純に追加で必要なのは、新しい電話機(しかも安い)を購入するだけです。

これが必要

パナソニック デジタルコードレス電話機

子機1台付き 迷惑電話対策機能搭載 VE-GD24DL、Amazonで6千円程度

主な機能は次のとおり

「迷惑防止」を設定すると、呼出音が鳴る前に本機が応答して、相手に通話を録音するというメッセージを流したり、着信中は呼出音と注意喚起のアナウンスを交互に繰り返し、電話に出ると通話内容を自動で録音できます。

ナンバー・ディスプレイサービスを利用している場合、親機に登録されている相手からかかってきたときは迷惑防止の機能は働きません。

  • 呼出音が鳴る前にかけてきた相手に通話を録音するというメッセージを流します。
  • 着信中の呼出音と注意喚起のアナウンスを交互に繰り返します。
  • 電話に出ると通話内容を自動で録音します。
  • ボイスチェンジ
    子機で着信通話時に、女性の声を男性のような低い声に変えて応対できます。
  • 通話拒否
    メッセージやチャイム音を流して電話を切るタイミングを作ることができます。ナンバー・ディスプレイサービスを契約している場合、通話拒否した電話を次回から受けないようにすることができます。

Panasonicより

ナンバーディスプレイ契約

NTT東西、ナンバーディスプレイは、工事費は2000円、月額400円

レビューのまとめ

  • パナソニック デジタルコードレス電話機 子機1台付き 迷惑電話対策機能搭載 VE-GD24DL-W設置、接続、設定は簡単にできました
  • 毎週必ずかかってきた迷惑電話がなくなりました
  • 留守電の着信が子機だけだとわかりづらい
  • 親機にアドレス帳が無いなんて…
  • 呼び出し音もならず迷惑電話がなくなった

この機種の問題点として、多くの人が親機にアドレス帳がなくて不便と言っています。

もともと固定電話をよく使う人の場合は、今回パスした各種サービスやもっと上位の機種を検討する必要があります。

今回は、あまり固定電話は使わないけど、解約はできない人や、高齢者に対して固定電話がないと困る程度の方に、コスト重視で選んでいますので、ご了承ください。

まとめ

イエデン(固定電話)が鳴るたびに、いつもドキドキしてしまう。

あまり使わないけど、固定電話を解約できないとお嘆きのあなたへ、コストをあまりかけずにできる対策をご紹介します。

ナンバーディスプレイ契約が必要ですが、たぶんもう入られている方が多いのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

もし、加入済みなら、単純に追加で必要なのは、新しい電話機(しかも安い)を購入するだけです。
パナソニック デジタルコードレス電話機 子機1台付き 迷惑電話対策機能搭載 VE-GD24DLを利用します。

ちなみに、Amazonで6千円程度です。

主な機能は

  • 呼出音が鳴る前にかけてきた相手に通話を録音するというメッセージ
  • 着信中の呼出音と注意喚起のアナウンスを交互に繰り返し
  • 電話に出ると通話内容を自動で録音
  • ボイスチェンジで男性のような低い声に変えて応対可能
  • メッセージやチャイム音を流して電話を切るタイミングを作れる

ナンバーディスプレイ契約は必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする