交差法一覧

視力回復に?…ステレオグラムをソフトで作成してみる!

ステレオグラムは、左右の見え方の違いである視差を利用して、平面にある画像を立体的に認識させます。ステレオグラムで立体視する方法は2種類あり、平行法と交差法があります。フリーソフト『StereoPict』で、簡単に2種類のステレオグラムを作成可能。

3D動画を2D動画から作ってみた…裸眼交差法で見て!

2D動画を3D変換できると言われているソフトを調べてみたら、結論からいえば、とても3Dと言えるような代物ではないと感じました。 確認の為、自分で動画編集して、2D動画を3D動画にし、自作したほうが、よほど3D動画に見えました。現在一般的に出ている3D化のソフトでは、あまり3Dに見えないということで、決着しました。