昼寝の効果は、時間と方法で効率アップ!

昼食を食べ終わって、仕事や作業に一段落ついた午後2時ごろ、なんとなく眠気に襲われ、特にデスクワークや勉強中に集中できなくなるというような事は多いはずです。

そんな時、まずいと思って必死に眠気をこらえても、さっぱり効率は上がらず、余計に瞼が重くなり、気が付けばうたた寝をしてしまったということはありませんか?

でも、実は昼寝を効果的に行えば、その後の作業効率もぐんとあがり、我慢しながら、ダラダラするより、よほど良い結果になります。

お昼寝の効果、メリットとデメリット

昼寝は疲れをとる効果がとても高く、夜の睡眠の3倍ともいわれています。

カリフォルニア大学精神医学部サラ・メドニック氏によれば、1時間半の昼寝は1晩分の効果があるとのことです。

毎日、昼寝を1時間半では、昼夜逆転してしまいますので、疲れがたまった週末は1時間半の昼寝もいいのでは…

さて、話はもどりますが、平日の昼寝について

メリット

  • 脳や体の疲労を解消
  • 記憶力・集中力の向上
  • ストレスを解消
  • 情緒の安定

会社では、通勤するだけで、満員電車に揺られて、精神的にも肉体的にも疲れてしまいますので、思ったよりもストレスが溜まっていたりします。

そんな時は、昼寝ですっきりしたいですね。

デメリット

長く寝すぎると、寝るまえより、かえってだるくなったり、睡眠バランスが崩れることで、夜の睡眠時間になっても眠れなくなるという弊害があります。

昼寝の方法に注意して、しっかりと昼寝をすることで、寝過ぎを防止できます。

効果的なお昼寝方法

  1. 座ったままか、椅子にもたれるなど、頭をささえることができる状態で昼寝します。
  2. ベルトやネクタイを緩め、出来れば靴を脱いだり、体をリラックスさせます。
  3. 昼寝に適した時間は、午後2時~4時になります。
  4. 昼寝前にコーヒーを飲むことで、カフェインの摂取から20~30分後に、カフェインが脳や体に効いてきます。
    ・目覚めた後に頭をスッキリさせる効果
    ・利尿作用を利用して、トイレに行きたくなることでの目覚めも期待
  5. 昼寝時間は15~20分がベストだといわれています。
    30分以上の睡眠を取ると、深い眠りに入ってしまい前述のデメリットに
  6. 起きて数分程度は、日光を浴びたり、水で手を洗うか、ガムを噛むなどして、脳を覚醒させます。

昼寝をサポートする無料アプリを利用する

これらは、一例ですので、自分に合ったものを探してみてください。

Free Power Nap: 無料パワー昼寝 – 昼寝の睡眠サイクル追跡アラームクロック

App Store

昼寝をモニターし、選択された休憩時間後にあなたを起こすため、新鮮な気分で目を覚まし、元気を回復することができます。

昼寝後、自分の昼寝プロフィールをグラフで見ることができます。

*Google Playには無いようです。

ナップアラーム – ヘッドセット

Google Play

他の人を邪魔することなく起きることができます。

アラーム音は、ヘッドセット、イヤホン、またはスピーカーから聞こえます。

*App Storeには無いようです。

まとめ

仕事や作業に一段落ついた午後2時ごろ、なんとなく眠気に襲われ、気が付けばうたた寝をしてしまったということはありませんか?

でも、昼寝を効果的に行えば、よほどその後の効率はアップします。

お昼寝の効果

昼寝は疲れをとる効果がとても高く、夜の睡眠の3倍ともいわれ、1時間半の昼寝は1晩分の効果があるとのことです。

昼寝は

  • 脳や体の疲労を解消
  • 記憶力・集中力の向上
  • ストレスを解消
  • 情緒の安定

などの効果があります。

効果的なお昼寝方法

  1. 座ったまま
  2. 午後2時~4時の間の15~20分間
  3. 昼寝前にコーヒーを飲む、目覚めた後に頭をスッキリさせる
    注意事項としては、30分以上の睡眠を取らない

これで、午後も効率アップしていけますね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする