ほうれい線を消す方法は簡単で効果大の「ベロ回し」を!

誰もが、いつまでも若々しくありたいと思っていることでしょう。

もちろん、女性ばかりではなく、男性も…そんな思いを打ち砕くかのように、鏡を見るとほうれい線が!!!

でも、今日から、いや、今から簡単エクササイズを毎日実行して、サヨナラしましょう。

ほうれい線の原因

  • 体の筋肉と同じで、表情筋の衰えから、頬の筋肉のたるみで境界線がくっきりしてしまう
  • 年齢を重ねることで、肌そのものの老化によって、肌のハリと弾力が低下、コラーゲンの減少、乾燥、紫外線、ストレス、睡眠不足などでも
  • 喫煙などにより、ビタミンCが減少することで、肌がハリを失う
  • 肩こりなどによる血流悪化で、顔がむくむなどがかさなる

これらのことで、ほうれい線がくっきりと浮かびあがってきてしまいます。

ほうれい線ができてしまう習慣

以下の要因で、筋力が鍛えられないことや、バランスが取れずに不均衡がおこります。

  • 眠姿勢:同じ側の横ばかり向いて寝る
  • 食べ方の癖:同じ側ばかりで噛む癖
  • UV対策:不十分な対応でケア不足
  • 頬杖:物理的なバランス不均衡
  • 髪方:ポニーテールなどの引っ張る髪型ばかり

人間なんて、所詮かたよった行動や習慣ばかりですから、あれもこれも思い当たることばかりではないでしょうか?

老けた印象を与えるほうれい線を消すには

さてここからが、本題ですね。
いよいよしつこいほうれい線ともサヨナラしましょう。

  • 肌の老化対策:スキンケア
  • マッサージ対策:フェイシャルマッサージ

これらの上記2つは、女性の場合、通常何らかの形である程度行っていると思いますので、今回は、ストレッチについて、効果があると評判の高い!?簡単でお手軽、外出時に行っても人目にも付きにくいエクササイズをご紹介します。

ベロ回し体操

実行方法
  1. 口を閉じたまま行います。
  2. 舌を上下の歯の外側面に沿ってぐるりと回します。
  3. 左右回す方向を変えて、20回ずつ行いましょう。
    20回できない方は筋肉が弱っている可能性があり、その場合は無理をせずに徐々に回数を増やします。
  4. これを1セットとして、1日に3セット行います。

口を閉じたま行いますので、マスクをしていたら、いつ行ってもかわりませんし、ちょっとした時間の隙間で、いつもエクササイズが可能です。

気になる効果

ほうれい線だけではなく色々な効果が期待できます。

  • ほうれい線を目立たなくする:表情筋が鍛えられる
  • 目が大きく見開くようになる:目の周りの筋肉がストレッチされる
  • 口臭予防:唾液の分泌量が増える

また、二重あご解消、顔の歪み改善などの効果も期待できます。

どれ位で効果が出てくるのか?

中には翌日に変わったという極端なコメントから、数日でほうれい線が消えたとか…

それらは、極端な意見としても、やってみるとわかりますが、顔の筋肉?が痛いというか疲れるので、効果が出そうです。

痛いとか、辛いとかの感覚があったとしても、手足の筋肉痛のように、もう当分できないというような感じではないので、続けられるでしょう。

できれば、始める前に写真撮っておくとよいでしょう。

毎日少しずつ変わっていくとわかりにくいので、写真に撮っておけば、効果もはっきりします。

まとめ

ベロ回し体操は3000回ぐらいで効果がハッキリしてくるという実験例があり、1000回もやると目に見えて変わってくると思われます。

まずは1週間やってみましょう。

規定のセットで1日に120回ですから、一週間で840回になります。

エクササイズをやっていますって感じがないのも、お手軽で良い感じです。

ただ言えるのは、ベロを回していると筋肉痛のように疲れが出てくるので、効いているという感じがします。

ただ、やりすぎなどで何らかの問題が出たら、中止するなどして、症状を確認して対処してください

年齢や肌の状況など、個人による差はありますので、あくまでも個人の責任で無理せず行ってください。

保存