無料で使える著作権フリー画像サービス…使い勝手でここが良い!

ブログのアイキャッチにどんな画像を使おうかと日々考えていると思います。

良いアイキャッチ画像がタイトルとうまくはまったら、アクセス急増なんてことも…

ということで、今回は使い勝手が良く、実際に使っている便利な画像サービスサイトをご紹介します。

まずは選定条件の確認

よくこのような画像サービスを紹介する際、いくつも紹介されていることは良いことですが、利用条件がそれぞれだいぶ異なっていたりすると、その都度確認ばかりで、いやになってきます。

ここでは、ハッキリと

  • 無料
  • 著作権フリー(もしくは著作権を気にせず利用可能)
  • シグネチャー不要
  • 商用利用可能

のところだけに絞っています。

また、さらに次のこともチェックの対象にしています。

  • 量が多く色々なジャンルの画像がある
  • ダウンロードに手間がかからない

これらの条件で、数多く存在する色々な画像サービスサイトから、3つを厳選してご紹介します。

この3つがあれば、ブログやSNS、動画だって対応可能

禁止事項はどのサービスも概ね基本は同じで

  • 写真素材を主体とする商品・製品を販売すること
  • 公序良俗に反する内容が含まれる利用
  • 写真素材への直リンク

このあたりになります。

普通のブログやSNSのアイキャッチや、YouTubeの一般的な動画などの利用ならば、問題がないと思われます。

なお、実際の利用に際しては、それぞれのサービス内容や利用規約をご確認ください。

Pixabay

https://pixabay.com/

現在990,000枚以上のボリュームもあり、このサービスだけでも十分だと思います。

ただ、海外のサービスであり、写真なども海外のものが主体になります。

しかし、写真、イラスト、ベクター画像、動画などもあり、とても使えるサービスです。

カテゴリは以下の内容
  • アニマル
  • コンピュータ・コミュニケーション
  • スポーツ
  • ビジネス・金融
  • ファッション
  • 交通
  • 人々
  • 健康・医学
  • 名所・モニュメント
  • 宗教
  • 工業製品
  • 建築物・建物
  • 感情
  • 教育
  • 旅行
  • 科学・技術
  • 背景
  • 自然・風景
  • 音楽
  • 食べ物
利用に関するワンポイントの注意点

画像の中には商標やパブリシティ権、プライバシー権などに基づき保護されているものが一部含まれます。

スポンサー画像が表示され、画面の上部に、Shutterstockのロゴが入って表示されています。

写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】

http://www.ashinari.com/

現在76631枚の登録があり、それなりのボリュームです。

昔からサイトのデザインがあまり変わっていないと思いますので、ぱっと見、他のサービスより良い感じがしないかもしれませんが、余計な登録などもいりません。

また、検索して出てくる候補の画像も、一画面に多量に出ますので、目的の画像を探しやすいでしょう。

カテゴリは以下の内容
  • 自然・風景・景色
  • 花・植物
  • 建物・街並み
  • 飲食
  • ビジネス関連
  • 乗り物・交通機関
  • イベント・行事
  • スポーツ
  • 音楽・楽器
  • 小物・雑貨
  • 模型・人形
  • 人物
  • 人物:女性モデル
  • 人物:男性モデル
  • アーティスト
  • 動物・生き物
  • 干支
  • テクスチャ
  • テーマ別シリーズ【ism】
  • その他
  • 強羅温泉でのモデル撮影
  • Shuffle:シャッフル
利用に関するワンポイントの注意点

人物写真において、一部モデルリリースを取得していない人物写真や「パブリシティ権」という財産権の一部としての権利が発生するものがあります。

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

https://www.pakutaso.com/

現在13137枚のボリュームで50,000枚を目指しています。

2011年5月にオープンした個人運営のストックフォトサービスですが、内容は申し分ありません。

画像もブログなどのアイキャッチに持ってこいのモデル画像が多く、けっこう使えます。

ちなみに夏のホラーコンテンツ特集もあり、ブログや動画で使いたくなる画像が多くあります。

ここはロイヤリティフリーと表現しており、著作権フリーではないと表現しています。

ちなみにカテゴリは以下の内容
  • 企画・コラボレーシヨ
  • 人物・モデル
  • 天気・天候
  • 自然・風景
  • 街並み・建物
  • 日常・生活
  • IT・電子機器
  • 動物・生き物
  • 交通・乗物
  • 工業・ものづくり
  • フード・ドリンク
  • 壁紙・背景
利用に関するワンポイントの注意点

二次利用や商品価値を決める成果物の場合、事前に許諾やクレジット表記が必要な場合があります。(例えば、販売物として、カレンダー、名刺、スマホケース、Tシャツなど、全面にほぼ無加工で使われている場合に該当するとのことです。)

まとめ

今回は使い勝手が良く、実際に使っている便利な画像サービスサイトをご紹介。

選定条件の確認

  • 無料
  • 著作権フリー(もしくは著作権を気にせず利用可能)
  • シグネチャー不要
  • 商用利用可能
  • 量が多く色々なジャンルの画像がある
  • ダウンロードに手間がかからない

禁止事項は概ね基本は同じ

  • 写真素材を主体とする商品・製品を販売すること
  • 公序良俗に反する内容が含まれる利用
  • 写真素材への直リンク

など

詳しくは、それぞれのサービス内容や利用規約をご確認ください。

Pixabay

https://pixabay.com/

  • 現在990,000枚以上のボリューム
  • 写真、イラスト、ベクター画像、動画など
  • 画像の中には商標やパブリシティ権、プライバシー権などに基づき保護されているものもごく一部あり
写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】

http://www.ashinari.com/

  • 現在76631枚の登録があり、それなりのボリューム
  • 検索で目的の画像を探しやすい
  • 人物写真において、一部モデルリリースを取得していない人物写真や「パブリシティ権」という財産権の一部としての権利が発生するものもごく一部あり
ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

https://www.pakutaso.com/

  • 現在13137枚のボリューム
  • 夏のホラーコンテンツ特集もあり、ブログや動画で使いたくなる画像が多数
  • 二次利用や商品価値を決める成果物の場合、事前に許諾やクレジット表記が必要な場合あり