コミュニケーションツールを一元管理する『Franz』…複数アカウントも可能!

以前はメールが主体たったため、極端なことを言えばメーラー一つでいろいろなところとコミュニケーションが取れました。

しかし、最近では、色々なプラットフォームに分散してきています。

そんな状況のメールやチャットなどのメッセージングツールを、『Franz』1つでまとめて管理でき、複数のアカウントの利用も可能で、使い勝手も最高です。

ビジネスとプライベートのアカウントを使い分け

Google chromeでユーザーを切り替えて使えば、同じようなことができると思う方もいるでしょう。

しかし、『Franz』はタブ単位ですので、まるでFirefoxのアドオンで、今はなくなってしまったmultifoxのコミュニケーションツール版という感じです。

ひとつのウインドウで複数の同一サービスのアカウントをタブで表示できます。

便利だったMultifoxが忘れられなかった

MultifoxはFirefoxをタブ単位で、マルチアカウントにしてくれるアドオンです。

いや…でした。

Firefoxのバージョン52まで、対応していましたが、現在はもう使えなくなってしまっています。

それなので、危険を承知で、Firefoxを最新版とバージョン52を同じプロファイルで使えるようにしています。

バージョン52のほうはリスクがあるので、複数のアカウントが必要なツイッターやGmailだけで利用しています。

『Franz』で複数のツールを複数のアカウントで、タブ単位によって運用できる

これからは、Multifoxを無理して使わずに、『Franz』に変えることで、複数のアカウントで同一サービスを簡単に利用することができます。

Franzは、以下のサービスをサポートしています。

  • Slack
  • WhatsApp
  • WeChat
  • Facebook Messenger
  • Google Hangouts
  • Skype
  • ChatWork
  • Gmail
  • TweetDeck
  • Yahoo Messenger
    など

ちなみに、『Franz』はこんな感じです。

以下はダウンロードして、立ち上げただけの状態です。

利用できるサービスがアイコンで表示されています。

対応するosは、Windows 7以上、Mac 10.9以上、Linux

ダウンロード

http://meetfranz.com/

WindowsとLinuxで64bitの場合は、それぞれのOSのダウンロードボタンの左側をクリックすることで、64bitに変更することができます。

無料で利用できますので、特に同一サービスの複数アカウントを簡単に運用したい方には、オススメなソフトウエアです。

ちなみに、公式サイトでは「1つのサービス、無制限のアカウント」と英語で記載しています。

最近は、スマホのアプリばかりが目だつようになってきていましたが、これはパソコンソフトとして、大変に素晴らしいと思います。

まとめ

メッセージングツールを1つでまとめられる
同一サービスの複数のアカウント運用が簡単
ひとつのウインドウでタブによって管理

サポートするサービスは以下の通り

  • Slack
  • WhatsApp
  • WeChat
  • Facebook Messenger
  • Google Hangouts
  • Skype
  • ChatWork
  • Gmail
  • TweetDeck
  • Yahoo Messenger
    など

対応するosは、Windows 7以上、Mac 10.9以上、Linux

ダウンロード

http://meetfranz.com/

無料で利用可能です。

特に同一サービスの複数アカウントを簡単に利用したい方には、オススメなソフトウエアです。

公式サイトでは「1つのサービス、無制限のアカウント」と英語で記載しています。