Wi-Fi一覧

自宅 Wi-Fi の電波強度やエリアを格安・手軽に変える!

自宅でWi-Fiが思うようにつながらない場合は、コストをかけずにルーターの周りをアルミホイル等で囲って、電波の方向を変えます。プラスチックなどの板にアルミホイルなどを貼り付けて、アルミの反射板をつくり、アプリで確認しながら、向きを調整します。

お掃除ロボット等に覗き見される可能性…IoT製品の脆弱性に注意!

お掃除ロボットのカメラで、覗かれてしまう可能性。現時点では対策も取られて問題ないのですが、このような問題は他のIoT製品についても考えられます。IoT製品の場合は、Wi-Fiによる操作で、WPA2の脆弱性の問題とも背中合わせの状況です。現状は特に、便利と危険は裏表です。

WPA2脆弱性問題ですが…無線LAN、Wi-Fiは何という方へ!

Wi-Fiネットワークを暗号化するWPA2に、脆弱性が見つかったことが問題となっています。実質的にはWi-Fiネットワークを利用しているすべてのデバイスで、危険があると考える必要があります。特にゲーム機器やネットワークカメラ、USBメモリに入れているOSなんかも忘れずに。

無料Wi-Fiスポットの危険性…手軽で便利だから危ない!

以下のようなWi-Fiスポットにはアクセスしないように注意しましょう。知らないWi-Fiスポット、「Free」「Public」がついたWi-Fiスポットも注意が必要、野良Wi-Fiも悪質なものがあります。暗号化レベルは、暗号化なし<WEP<WPA<WPA2 と順番に安全なので、できるだけWPAレベル以上を利用。