やる気が出ないあなたの「やる気スイッチ」を入れる方法!

脳内にある、「やる気のスイッチを発見」というニュースが流れたのが、2017年2月2日のことで、これで「意欲障害の治療法探索が可能に」との副題がついて慶應義塾大学医学部からのリリースが出されていました。

なんでも、大脳基底核と呼ばれる脳領域の限られた細胞集団が障害を受けるだけで、意欲が障害されるとのことで、これまで治療法が全く分かっていなかった脳損傷後の意欲障害における治療法を探索することが可能になるとういものです。

良いニュースではありますが…

この結果から、今すぐあなたの『やる気スイッチ』をいれることは、残念ながらまだできません。

しかし、このニュースはやる気を出すヒントがあります。

脳のある一部が障害を受けると、やる気がなくなるということですから、所詮脳の一部のお話しです。

つまり、よくやる気が出ないのは、体調不良のせいにすることが多いと思われますが、体調は直接的にあまり関係がありません

簡単に言えば、気分の問題

もちろん、体の具合が悪くて、気分が悪いなど体調が全然関係ないわけではありません。

しかし、気分の方が上位だとうことですから、気分さえよければ、やる気は出る可能性があるということです。

たとえば、風邪で熱があるのにゲームをやりたくて、寝ながらやってしまうとか…

そこで、食欲のない人に食べさせることを考えてみます

この場合、食べられないものをリストアップして、それを除く料理を食べさせるほうが良いのか…

たとえ、食欲がなくても、大好きで食べたくなるであろうものを、少量食べさせる方が良いのか?

これは、体調がわるいから、おかゆというよりも、甘いものが好きならケーキやアイスクリームにすれば、食べられるのではないかということです。

つまり、やる気を出す方向で考えること

やる気の出ない原因を除去する方に力をいれないことが大切です。

そもそもやる気がでないのに、そんな面倒なことができるはずもありません。

そうやって環境を整えようとするから、余計にやる気が出なくなってしまうのです。

やる気を出すには、たとえ遊びでも、好きなことから始めればいいのです。

好きなことからはじめれば、気分がよくなり、乗ってきます。

成果を出しやすくする方法をそのまま実践しない

するべきことをリストアップして、やるべき大切なことから、順番に行うことで、最大の効果を得るという効果的なやり方があります。

たしかに、そのとおりですが、それは、やる気がある人のための方法です。

たとえば、あなたが、運動が得意で、勉強が苦手と仮定してください。

明日、テストで数学と社会、保険体育のペーパーテストがあるとした場合、学生としてもっとも効果的と思われるテスト勉強の順番は、数学、社会、保険体育になるでしょう。

でも、その場合、たぶん最初から手が付かず、時間ばかりが過ぎていってしまい、簡単で得意な保険体育の勉強も、まともにできないでしょう。

では、どうしたらいいのか?

答えは簡単です。

この際、効果を度外視して、一番やりやすいものからやることです。

つまり、保健体育のペーパーテストは実際たいして難しくもありませんし、時間もあまりとられないでしょう。

ですから、軽くサッとこなして、社会、数学とすすめれば、ホップ、ステップ、ジャンプと行ける可能性があります。

最大の効果を得ようと思って、何もできずに終わるより、たとえ保健体育だけしか勉強できなかったとしても、なにもできないよりましです。

やる気スイッチの入らない人は、目標が大きく欲張り

人に目標を発表するのでしたら、ある程度大きな目標は必要ですが、自分だけでいいのですから、小さい絶対にクリアできるものから、始めるべきです。

例えば、あなたが、登山もしたことが無いのに、明日、富士山の山頂まで行くとします。

普通に考えれば、まずやる気以前、年齢や体力もありますが、普通はなかなかできないでしょう。

しかし、車でとりあえず、五合目まで行くのが目標なら、少し頑張ればできるかもしれません。

そして、そこで、歩いて六合目まで行ってみて、帰ってもいいとするならば、行けるかもしれません。

さらに、六合目で、もし時間と体力があるなら七合目まで行って、そこでテントで休んでもいいとるするならば、行けるかもしれません。

このように、少しずつやれるなら、最後は山頂まで、行くことができる可能性があります。

そうです… 最初に大目標をたてなければ、できるかもしれないのです。

ネットが普及して、いろいろな情報が手に入りやすくなり、願望達成の方法や、効果的、効率的に物事をすすめる方法など、たやすく手に入るは良いのですが、自分にあっているのか見極めないといけません。

体力をつける方法をさがしたとしても、病み上がり対象なのか、高齢者向けか、はたまた運動選手向けなのか、そのあたりをきちんと確認しないといけません。

また、体や年齢のようにわかりやすいものは良いのですが、精神状態などの分かりにくい事柄が絡んでいる場合、逆に余計やる気を削いでしまうことも多々あります。

具体的にどうするのが良いのか?

あなたは病み上がりと同じですから、小さく達成可能な目標からスタートすることです。

それでも、スタートできないのなら、身の回りの整理から始めるのも良いことです。

それも、難しいならば、 5分や3分、はたまた1分でも良いので、まずやってみましょう

騙されたと思ってやってみてください。

1分のつもりが、もう何分ややってしまっていると思いますよ…

ちなみに、今回この記事を書いているのは、やる気が全然なかったからなんです。

最初に、やる気スイッチが見つかったということを知ったので、そのことだけメモしておこうかと思っていただけでしたが、気が付けば、この部分まで、記載していました。

一気に書いてしまったので、見直しも必要ですから、一度整理するために休みを入れようと思います。

まとめ

やる気のスイッチを慶應義塾大学医学部が発見し、意欲障害の治療法探索が近い将来可能になる可能性があります。

しかし、まだ脳の部位がわかっただけですが、言えることは所詮「脳の一部」のお話しです。

つまり、 本当に病気や障害でなければ、気分の問題で、やる気は出る可能性があるということです。

風邪で熱があるのにゲームをやりたくて、寝ながらやってしまうとか…

やる気を出す方法は、やる気の出ない原因を除去する方に力をいれないことです。

そもそもやる気がでないのに、そんなゴミ拾いみたいなことはできません。

まずは、 好きな事からはじめ、小さな目標を次々クリアしていくことです。

そうすれば、気分がよくなり、乗ってきます

そうとはわかっても、中々スタートできないのなら、身の回りの整理から始めるのも良いことです。

しかも、1分でも良いので、騙されたと思ってやってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする