カーシェアリングのデメリットと解消法…万一のパンクは?

実際に今月これからですが、マイカーを処分して、カーシェアリングに切り替えようとしています。

そのため、どこのカーシェアリング会社を選ぶべきか?

調べれば調べるほど、マイカーを手放すべきかをきちんと考える必要性が出てきました。

まずは車の年間維持費から考えてみる

駐車料金、ガソリン代、任意保険料などは、住所や乗り方、ドライバー歴や事故歴で相当かわりますので、一般論として、ざっくりと考えてみます。

車種によってもかわりますが、普通車を考えると年間40万から60万あたりと考えるのが妥当だと思います。(ガソリン代、駐車場代 、自賠責保険料、任意保険料、車検代、自動車税、重量税、消耗品代など)

あなたは、ご自身の実際の金額で検討してください。

月に直すと3.3万〜5万が一般的ということになります。

ちなみに細かく計算してみたら、車の維持費は自身の場合、月当り3.3万程度でした。

実際にどれぐらい利用するのか?

維持費よりも利用頻度が問題ですね。

一日10キロ程度でも、毎日乗るのでしたら、車は必要ですから、維持費と比べるまでもありません。

しかし、気になるかたは、あまり乗らない方がほとんどだと思います。

自身の場合は、月に100キロぐらいの走行量で、しかも多くて週一ですから、車の維持費とタクシー料金と比較しても、同じか維持費の方が少し高いくらいでしょうか?

つまり、コスト的にみれば、車はいらないということになります。

ただし、以下のような場合は、たとえ維持費に見合わなくても、マイカーがベストですね。

  • 車を毎日利用する
    必要なときに借りることができない可能性もある
  • チャイルドシートを使う
    毎回取り付けでは危険性がある
  • 車内でタバコを吸う
    車内での喫煙が我慢できないほどなら
  • 車にペットを乗せたい
    匂いや毛の問題もあるので基本的に無理
  • 近所にカーシェアリングのステーションが1つしかない
    利用頻度が低い場合は、廃止になってしまうこともある

さあ、カーシェアリングを考えよう

主要3社で検討してもいいのですが、サービスも料金も概ね同じような感じですので、検討ではシェアが一番のタイムズカープラスで考えてみます。

  • 初期費用で、入会時にカード発行料 1,550円
  • 月額基本料金、個人プラン 1,030円
  • 車両クラスは、デミオ、プリウスなど 206円/15分

シミュレーションしてみると

1回あたり3時間程度を週1回として、月に12時間ほど、カーシェアリングを利用した場合は、9,888円になります。(いままでのマイカー利用状況で算出)

月間の車の維持費は3.3万程度ですから、実質2.3万円安くなる計算で、カーシェアリングを利用しないという考えはないとなります。

現時点では、あくまでも経費面においてはということです。

ここで、カーシェアリングのデメリットを考えてみます

色々と細かな点はあるとは思いますが、おおきくは以下の2つの側面と4つの事柄になると思います。

物理的な面
  • 借りたい時にシェアリングカーを借りられないこともある
  • 予約時に返却時間を決める必要がある

これ以外の物理的なデメリットは、明らかにわかりきっていることですので、省きます。(乗り捨てができない、ペットを乗せられないなど)

心理的な面
  • シェアリングカーを汚さないように、十分注意が必要(自分の車じゃないので)
  • 清潔な状態か気になる(利用者から利用者への可能性が大)

実際に汚れてがひどければ、サポートに連絡して、対応してもらえばよいことですので、ここでは心理的な部分をどうするかということになります。

解消法はあるのか?

借りたい時に借りられないこともある

通常よくいわれるのは、他の会社と2つの会員となることで、借りることができる車の数を増やす作戦です。

オリックスカーシェアの場合は月額基本料金が0円のプラン(そのかわり利用料金が多少高くなります)がありますので、オリックスと他の月額料金が必要なサービスの会員になります。

予約時に返却時間を決める必要がある

返却時間を長めに設定しても、使った分だけしか払わないですむので、長めに設定することで対処する。(タイムズカープラス、カレコ・カーシェアリングクラブで6時間予約で対応)

カーシェアリングサービスの地図を確認して、タイムズかカレコとオリックスの会員になることで、これらの対応をするしかありません。

そもそも緊急性が高い場合は、タクシーという手もあり、コスト的には見合うはずです。

汚さないように十分注意が必要(自分の車じゃないので)

汚すとしたら、車内での飲食、とくにスナック菓子やドリンクの注意が必要だと思います。

いままで、車での飲食が当たり前だった場合は、スタイルをかえるしかありません。

返却時に、よけいな掃除をしていて、時間をカウントされては勿体ないですから…

清潔な状態か気になる(利用者から利用者への可能性:途中で清掃が入らない)

基本的には心理的な問題ですので、バスや電車と同じと思うしかありません。

これらが気になる神経質な方なら、マイカーを手放さないということになります。

デメリットはこれだけか?

実はまだあります。

パンク

車の運転を10年以上している方は、パンクの経験は1度や2度はあると思います。

中にはいたずらなんてこともあったりしますので、無視するわけには行きません。

バッテリーあがり

いろんな人がつかっていますので、利用状況がわかりませんから、注意が必要です。

キーのインロック

普通のひとなら1度や2度の経験があると思います。

このような状況の場合、ペナルティがあります。

通常実費や出張費用などが必要になったりします。

タイムズカープラスの補償サービス

タイムズカープラスの場合は、有料の保証サービスで対応できます。

309円/利用

事故時のペナルティ、タイヤの実費に加え、バッテリーあがり、キーのインロック、ガス欠、それに関わる搬送(レッカー等)の費用が免除となります。

  • 事故時 自走可能の場合 ペナルティ(2万円)
  • 自走不能の場合 ペナルティ(5万円)
  • バッテリーあがり 利用中に発生した場合 実費
  • 破損 タイヤ 実費

タイムズカープラスより

まとめ

シェアが一番のタイムズカープラスで考えてみます

  • 初期費用で、入会時にカード発行料 1,550円
  • 月額基本料金、個人プラン 1,030円
  • デミオ、プリウスなどの場合 206円/15分

シミュレーションしてみると

1回あたり3時間程度を週1回として、月にカーシェアリングで12時間利用した場合は、9,888円になります。(いままでの利用状況で算出)

月間の車の維持費は3.3万程度ですから実質2.3万円安くなる計算になります。

カーシェアリングの2大デメリットと解消法を考えてみます

借りたい時に借りられないこともある

通常よくいわれるのは、他の会社と2つの会員となることで、借りることができる車の数を増やす作戦です。

オリックスカーシェアの場合は、月額基本料金が0円のプランがありますので、オリックスと他の月額料金が必要な2つのサービスの会員になります。

予約時に返却時間を決める必要がある

返却時間を長めに設定しても、使った分だけしか払わないですむので、長めに設定することで対処します。(タイムズカープラス、カレコ・カーシェアリングクラブで6時間予約)

デメリットはこれだけか?

パンク、バッテリーあがり、キーのインロック

普通のひとなら、これらの1度や2度の経験があると思います。

このような状況の場合、ペナルティがあり、通常実費や出張費用などが必要になったりします。

タイムズカープラスの補償サービス

タイムズカープラスの場合は、有料の保証サービスで対応できます。

309円/利用

事故時のペナルティ、タイヤの実費に加え、バッテリーあがり、キーのインロック、ガス欠、それに関わる搬送(レッカー等)の費用が免除となります。

タイムズカープラスとオリックスカーシェアになることで、コストも削減でき、利用方法にあったカーシェアが実現できそうです。

タイムズカープラス
https://plus.timescar.jp/

オリックスカーシェア
https://www.orix-carshare.com/

カレコ・カーシェアリングクラブ
https://www.careco.jp/