ネットバンク…パスワード変更の強制で余計に混乱した!

現在利用しているとあるネットバンクで、アクセスする度に10月末で現パスワードが使えなくなると注意を受けていましたが、そもそものパスワードすらわからなくなってしまい、とうとうアクセスできないまま期日を迎えました。

なにか動きがあるのかと思って、どうせならそのまま放置しておこうと、気がつけば期日が過ぎて1ヶ月以上立ちますが、ネットバンクからは何も連絡はありませんので、現在どうなっているのやら…

ネットバンクへ独自のセキュリティ対応

通常、ネットバンクへのアクセス方法は、家からのみ行い、Live USB(通常の設定等の保存が不能なタイプ)でライブ起動したまっさらなOSを利用し、別途ファイル保存しておいた銀行のURLをクリックして、アクセスしています。

また、ネットバンクへログインするために、必要なメール対応も別のパソコンで行っており、ネットバンクへアクセスするパソコンへは、外部から極力何も入れないようにしています。

つまり、Live USBは銀行専用OSで、ライブ起動でしかログインしないという状況になっています。

さらに、WiFiは遠くへ届かないタイプであり、必要なときだけONにして利用し、通常は有線LANしか利用できないようにしています。

パスワードの強制的な変更はマイナス!?

ネットバンクのアクセス方法を通常のWEBとは別ルートにしていますので、パスワードもなんとなく別管理にしています。

そして、そのネットバンクを長い間利用していますので、何回もパスワードを変更しているうちに、段々わからなくなってきました。

そして、とうとうメモしてあるパスワード自体がわからなくなってしまい、冒頭に記載しているように期限が切れてしまいました。

いままでは、単に変えてくれという依頼だった気がしますが、今回は、完全に強制的に利用不能にするような感じでした。

しかし、もともとアクセスできなかったので、現在状況がわかりませんが、年内には処理したいと思います。

どちらにしろ、他のネットバンクでは、このような対応では無いのに…とても使いにくい感じで残念です。

ネットバンク側の根本的な対応は?

多くの人は、同じパソコン、ブラウザで普通に色々とアクセスしていると思います。

ですから、パスワードを変更していくことは、それなりに意味があるかもしれません。

ただし、それは利用者がパスワードをしっかり管理している場合で、あまり管理されていない状態での頻繁なパスワード変更の強制は、より単純な推測されやすいものになり得ますので、本末転倒にならなければ良いと思います。

もし、過度なパスワード変更依頼で、より推測されやすい安易なパスワードになれば、余計にパスワード変更を強制することになり、それこそ負のスパイラル状態になってしまいます。

また、そもそも利用者側のパスワード設定や管理だけが問題とは限りませんので、ネットバンク側の安全性を高める根本的な対応を望みます。

まとめ

ネットバンクの頻繁なパスワード変更依頼…強制について

パスワードの頻繁な変更はマイナスの場合もある
  • パスワードの変更自体には意味があっても、安全性が上がるとは限りません。
  • 過度な変更のため、パスワードが不明でなんどもやり直しになった場合、キーボードの入力を直接目で見ることを含む何らかの方法で知られると、パターンや法則的な何かがわかってしうという可能性もあります。
  • 過度なパスワード変更依頼で、より推測されやすい安易なパスワードになることも…

また、そもそも利用者側のパスワード設定や管理だけが問題とは限りません。

ネットバンク側の安全性を高める根本的な対応を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする